スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マーケット分析3月 第1週

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

各グラフは米ドルを基準としています。

直近1ヶ月の動きです。
20090307-1
(図をクリックで拡大)
ここのところ、1ヶ月はドルとユーロが強いですね。

先週1週間の動きです。
20090307-2
(図をクリックで拡大)
全体的にボラは低下しているようですが、ZAR,TRY,HUFなどの変動が目立ちます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析 2月

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

リスク分析ツール3月版を更新しています。引き続きご利用のかたは、再度取得してください。

さて、マーケット分析です。

対USDに対する2月の動きです。
20090301-1
(図をクリックで拡大)
円の下落が目立ちます。ボラティリティも円のみが上昇傾向にあるのが気になるところです。

2008/09からの月次の対ドルに対する相対リターンです。
20090301-3
(図をクリックで拡大)
リーマン以降、圧倒的に強かった円が2月は最弱でした。それに対して、ドルは相変わらず強さを維持しています。

同様に、直近の週次、日次での順位です。
週次
20090301-3
日次
20090301-4
先週は、ドルが堅調でありながら、円が下落する今までとちょっとパターンが違う動きでした。円リスクに対するマーケットのコンセンサスが変わったのでしょうか。それとも、単なるテクニカル的な戻しなのでしょうか。引き続き注目すべき動きでしょう。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析2月第2週

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

直近の動きです。
上段は累積リターン、下段はリスク(ボラティリティ)です。
20090214-1
(図をクリックで拡大)
上段の図でもっとも下落しているのは、ロシアルーブルです。先週よりようやく反発してきました。単なるテクニカル的な要因なのか、ファンダメンタルの変化によるものなのか、まだ判断できません。

ただし、他の高リスク通貨も今年に入ってから底入れ感がありますので、注目すべき動きだと思います。

また、下図のリスクも徐々に低下しているトレンドは続いているようです。

先週一週間の日次での相対順位です。
20090214-2_1
(図をクリックで拡大)
2月10日を除いて、今週も高金利通貨は堅調でした。2月10日はNY株の大幅下落もありました。

このようなリスク許容度の低下(要するに投資家の臆病になった)ときは、まだまだ、JPY、CHF、USDなどの通貨が強くなる傾向は続いています。

ただし、この日でも、ルーブルは比較的堅調でした。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析2月第1週

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

直近の動きです。
上段は累積リターン、下段はリスクです。
20090207-1
(図をクリックで拡大)

先週一週間の日次での相対順位です。
20090207-2
(図をクリックで拡大)

今週後半は、高金利通貨が全般的に強かったようです。この傾向が続くのか注目ですね。
単なる反動なのか、マーケットのリスク許容度の変化によるものなのかは、まだわかりません。

このまま、リスクが減少してゆくようだと、高金利・高リスク通貨が強くなってゆくかもしれません。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析

先週1週間の動きを分析してみます。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

各通貨の相対的な位置を週ごとにランキングをとってみました。
20090131-3
(図をクリックで拡大)

この図は、米ドルを基準とした各週の通貨リターンをランキングしたものです。
日付は、各週の金曜日になります。

図の見方ですが、たとえば、2009/1/30の列は1/23?1/30間(今週の1週間)での週の米ドルを基準とした各通貨のリターンをあらわしています。

この列に一番上の行のGBP 5.42%となっているのは、USDGBPの変化率が5.42%であったということです。米ドル基準となっていますので、USDは常に0%と表示されています。

つまり、今週はGBPがもっとも上昇し、HUFが下落しています。
この表では直近6週間ほどのマーケットの動きを見ることができます。

各通貨がこのような位置(相対的は変化率)で推移しているのか、簡単にわかります。

たとえば、GBPは弱い位置で推移していたのが、先週はリバーサル(反動)的なうごきか、もっとも強い通貨でした。
また、AUDはずっと弱い状態がつづいています。

各通貨で推移を追ってみると、先週はどのような状況であったのか確認できると思います。

この表は、毎週掲載してゆきます。
どのように見てゆくから、少しずつ解説してゆきます。


下図は、各通貨の変化(上)とボラティリティ(下)です。こちらの図も毎週掲載します。また、この図も解説も少しずつ行ってゆく予定です。

直近4週間の動き
20090131-1
(クリックで拡大)

2006年末からの動き
20090131-2
(クリックで拡大)


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析

これから毎週末に簡単なマーケット分析を行おうと考えています。
(次回より、なるべく土曜日にアップします。)

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

最近、時間のあるときに少しずつ、FXのマーケットの分析をするためのツールを作っています。
それをつかって、今後、毎週末に直近までの市場の動きを紹介してゆく予定です。

まだ、基本的なツールしか作っていないので、今日は簡単なものだけになります。

まず、一昨年末からの主要通貨の対ドルの動きです。
上図はレート、下図はボラティリティの推移です。
(各図とも、クリックで拡大します。)
20090125-1
対米ドル主要通貨の動き

20090125-2
対米ドル主要通貨のボラティリティ推移

相場の激変は、昨年の8月が節目なのがよくわかりますね。豪ドルのボラティリティが飛びぬけています。

また、昨年末からのレートの動きはこんな感じです。
20090125-3
対米ドル主要通貨の動き

今年に入ってからユーロ、豪ドルが弱いですね。また、相変わらず円>ドル>その他のトレンドは続いているようです。

第一回目なので、今日は紹介だけとします。
今後、少しずつ分析内容を充実させてゆきます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


スワップ金利と下落率の奇妙な関係

昨日に引続き、マーケット分析です。


無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

猫レオさんのブログにも寄ってみてください。今回は、お菓子づくりとポートフォリオとてんぷらです。


今日はちょっと踏み込んだ分析をして見ましょう。金利と最近の下落率との関係です。

下図を見てください。
20081019-3
(図をクリックで拡大)

縦軸を7月末から先週末までの対USD変化率、横軸は短期金利として、各通貨をプロットしました。
通貨のコードは書いていませんが、大体お分かりだと思います。
(米ドル、日本円はプロットしていません。)

第一の大きな特徴は、金利が高いほど下落率が大きいことです。
かなりきれいな関係が成り立っています。

回帰分析をしてみたところ(結果はグラフの右上の式)、
下落率=?1.024×短期金利?0.1071
となりました。

短期金利が1%高くなると、この期間1%下落率が大きくなるという、非常に面白い結果になっています。
金利と下落率は比例関係にあったわけです。

このことから、予想通りキャリートレードのポジション解消が下落の要因であったといえそうです。

第二の特徴として、切片が?0.1071もあったことです。これは、金利の要因以外で、米ドルに対して各通貨は-10%以上も下落したことを意味します。
この部分は、信用不安による、米ドル回帰によるものであると言えそうです。

円の場合は、同期間で米ドルに対してさらに7%くらい上昇しているので、際立って強かったと言えます。有事の円なのでしょうか?

結局、この期間でJPYやUSDをショートにしたスワップ運用を高レバレッジでした場合には、ドル回帰による下落をもろに受けてしまうために、Long側でどんなに分散しても、致命的な傷を負ってしまいます。

ところが、CHFやSGDなどのJPYやUSD以外の通貨のショートで、上手くポートフォリオを組んでいれば、金利要因による下落の影響のみで、それほど大きな損失は発生しません。

最適化などを使い、各通貨の組入れウエイトを精密にコントロールした運用は、このような異常な相場状況では、なおさら大切であることが言えそうですね。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


最近のマーケットの分析

この数ヶ月間、マーケットでは何が起こっていたのでしょうか。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

金融市場は、数十年に1度くらいの大きな激変にさらされています。このようなときに大切なのは、いい加減な評論家の解説を聞くよりも、まず、何が起こっているのか、わかる範囲で事実の分析をしてみることです。

状況をつかむために、全体的な為替市場の動きを見てみましょう。

為替市場では、ここ数ヶ月間、対円ですべての通貨が下落しています。円キャリートレード(要するにスワップ狙いの運用) のポジション解消による円高と解説されていますが、本当にそうなのか、簡単なマーケット分析をします。

分析対象は、
AUD BRL CAD CHF EUR GBP HUF INR ISK JPY KRW MXN NOK NZD RUB SGD TRY USD ZAR
の19通貨です。

今回の分析はすべて対USDで行います。
なんといってもUSDは基軸通貨です。USDを基準としたほうが、マーケットの動きが良くわかると思います。

対USD、10月17日までの各通貨の変化率です。
20081019-1
(図をクリックで拡大)

7月末?、9月末?、先週末(10月12日) ?で計算しています。
7月末?(薄黄色)を見てください。対米ドルで、円以外すべて大きな下落をしています。普通、円高といえば対ドルで言います。

ところが、この期間、米ドルは円を除けば最強の通貨でした。特に、高金利通貨は軒並み20%以上の強烈な下落幅です。

同期間で円は対米ドルで7%近く上昇していますので、円をショートにしたポジションでは、何をやっても、もろに被害を被ってしまっています。

9月末?をみると、TRY、ZAR、MXN、AUD、NOK、CADの下落が目立ちます。高金利で不安定な通貨、または、資源国通貨の下落が続いていることが分ります。通貨からみても、資源バブルは解消ですね。

一方、EURやCHF、GPBなどはかなり安定的になっています。注目は、RUB(ロシアルーブル) が比較的安定していることです。

同期間、ロシア株は強烈に下げていますが、通貨の方は安定状態になっています。資源国といってもロシアだけは例外のようです。

先週1週間の動きをみると、この傾向はより顕著になっています。ZAR、TRY、HUFの下げが目立ちます。ISKは破綻しましたので、めちゃくちゃな動きですね。

AUD、BRLの強い上昇は下落の反動でしょう。このまま、反転上昇というわけには行かないと思います。

次に、ボラティリティを見てみましょう。リターン分析と同期間での日次の標準偏差です。
20081019-2
(図をクリックで拡大)

下落幅とボラティリティは、ほぼ比例していますね。ボラティリティの大きな銘柄は、下落率も多くなっています。

下落率の大きな通貨は、直近になるほどボラティリティは大きくなっていますが、メジャーな通貨は安定しています。2極化している状態です。RUBの安定性には注目ですね。

また、AUDがTRYやZARより大きなリスクであったのは、ちょっと驚きです。相当なポジションの解消売りが出たのでしょう。

破綻したISK、破綻懸念のKRWはやはり強烈なボラティリティですね。先週のHFU、TRY、ZARのボラティリティの上昇も注目すべきでしょう。これらの通貨はこれから何が出てくるのか分りません。

ここまでの分析では、やはり、高金利通貨の下落率は大きいのでキャリートレードのポジション解消も大きな要素と思われます。

また、円以外のすべての通貨に対してドルは上昇していますので、信用不安によるドル回帰という理由もかなり大きそうです。

ただし、ここ1週間の動きから、メジャー通貨に対しての調整は、ほぼ終わりかけているような動きをしています。


今日は、簡単にマーケットの状況を見てみました。次回のマーケット分析では、金利との関係をしらべます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




スワップ派のためのFXポートフォリオ
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マーケット分析3月 第1週

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

各グラフは米ドルを基準としています。

直近1ヶ月の動きです。
20090307-1
(図をクリックで拡大)
ここのところ、1ヶ月はドルとユーロが強いですね。

先週1週間の動きです。
20090307-2
(図をクリックで拡大)
全体的にボラは低下しているようですが、ZAR,TRY,HUFなどの変動が目立ちます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析 2月

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

リスク分析ツール3月版を更新しています。引き続きご利用のかたは、再度取得してください。

さて、マーケット分析です。

対USDに対する2月の動きです。
20090301-1
(図をクリックで拡大)
円の下落が目立ちます。ボラティリティも円のみが上昇傾向にあるのが気になるところです。

2008/09からの月次の対ドルに対する相対リターンです。
20090301-3
(図をクリックで拡大)
リーマン以降、圧倒的に強かった円が2月は最弱でした。それに対して、ドルは相変わらず強さを維持しています。

同様に、直近の週次、日次での順位です。
週次
20090301-3
日次
20090301-4
先週は、ドルが堅調でありながら、円が下落する今までとちょっとパターンが違う動きでした。円リスクに対するマーケットのコンセンサスが変わったのでしょうか。それとも、単なるテクニカル的な戻しなのでしょうか。引き続き注目すべき動きでしょう。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析2月第2週

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

直近の動きです。
上段は累積リターン、下段はリスク(ボラティリティ)です。
20090214-1
(図をクリックで拡大)
上段の図でもっとも下落しているのは、ロシアルーブルです。先週よりようやく反発してきました。単なるテクニカル的な要因なのか、ファンダメンタルの変化によるものなのか、まだ判断できません。

ただし、他の高リスク通貨も今年に入ってから底入れ感がありますので、注目すべき動きだと思います。

また、下図のリスクも徐々に低下しているトレンドは続いているようです。

先週一週間の日次での相対順位です。
20090214-2_1
(図をクリックで拡大)
2月10日を除いて、今週も高金利通貨は堅調でした。2月10日はNY株の大幅下落もありました。

このようなリスク許容度の低下(要するに投資家の臆病になった)ときは、まだまだ、JPY、CHF、USDなどの通貨が強くなる傾向は続いています。

ただし、この日でも、ルーブルは比較的堅調でした。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析2月第1週

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

直近の動きです。
上段は累積リターン、下段はリスクです。
20090207-1
(図をクリックで拡大)

先週一週間の日次での相対順位です。
20090207-2
(図をクリックで拡大)

今週後半は、高金利通貨が全般的に強かったようです。この傾向が続くのか注目ですね。
単なる反動なのか、マーケットのリスク許容度の変化によるものなのかは、まだわかりません。

このまま、リスクが減少してゆくようだと、高金利・高リスク通貨が強くなってゆくかもしれません。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析

先週1週間の動きを分析してみます。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

各通貨の相対的な位置を週ごとにランキングをとってみました。
20090131-3
(図をクリックで拡大)

この図は、米ドルを基準とした各週の通貨リターンをランキングしたものです。
日付は、各週の金曜日になります。

図の見方ですが、たとえば、2009/1/30の列は1/23?1/30間(今週の1週間)での週の米ドルを基準とした各通貨のリターンをあらわしています。

この列に一番上の行のGBP 5.42%となっているのは、USDGBPの変化率が5.42%であったということです。米ドル基準となっていますので、USDは常に0%と表示されています。

つまり、今週はGBPがもっとも上昇し、HUFが下落しています。
この表では直近6週間ほどのマーケットの動きを見ることができます。

各通貨がこのような位置(相対的は変化率)で推移しているのか、簡単にわかります。

たとえば、GBPは弱い位置で推移していたのが、先週はリバーサル(反動)的なうごきか、もっとも強い通貨でした。
また、AUDはずっと弱い状態がつづいています。

各通貨で推移を追ってみると、先週はどのような状況であったのか確認できると思います。

この表は、毎週掲載してゆきます。
どのように見てゆくから、少しずつ解説してゆきます。


下図は、各通貨の変化(上)とボラティリティ(下)です。こちらの図も毎週掲載します。また、この図も解説も少しずつ行ってゆく予定です。

直近4週間の動き
20090131-1
(クリックで拡大)

2006年末からの動き
20090131-2
(クリックで拡大)


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


マーケット分析

これから毎週末に簡単なマーケット分析を行おうと考えています。
(次回より、なるべく土曜日にアップします。)

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

最近、時間のあるときに少しずつ、FXのマーケットの分析をするためのツールを作っています。
それをつかって、今後、毎週末に直近までの市場の動きを紹介してゆく予定です。

まだ、基本的なツールしか作っていないので、今日は簡単なものだけになります。

まず、一昨年末からの主要通貨の対ドルの動きです。
上図はレート、下図はボラティリティの推移です。
(各図とも、クリックで拡大します。)
20090125-1
対米ドル主要通貨の動き

20090125-2
対米ドル主要通貨のボラティリティ推移

相場の激変は、昨年の8月が節目なのがよくわかりますね。豪ドルのボラティリティが飛びぬけています。

また、昨年末からのレートの動きはこんな感じです。
20090125-3
対米ドル主要通貨の動き

今年に入ってからユーロ、豪ドルが弱いですね。また、相変わらず円>ドル>その他のトレンドは続いているようです。

第一回目なので、今日は紹介だけとします。
今後、少しずつ分析内容を充実させてゆきます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


スワップ金利と下落率の奇妙な関係

昨日に引続き、マーケット分析です。


無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

猫レオさんのブログにも寄ってみてください。今回は、お菓子づくりとポートフォリオとてんぷらです。


今日はちょっと踏み込んだ分析をして見ましょう。金利と最近の下落率との関係です。

下図を見てください。
20081019-3
(図をクリックで拡大)

縦軸を7月末から先週末までの対USD変化率、横軸は短期金利として、各通貨をプロットしました。
通貨のコードは書いていませんが、大体お分かりだと思います。
(米ドル、日本円はプロットしていません。)

第一の大きな特徴は、金利が高いほど下落率が大きいことです。
かなりきれいな関係が成り立っています。

回帰分析をしてみたところ(結果はグラフの右上の式)、
下落率=?1.024×短期金利?0.1071
となりました。

短期金利が1%高くなると、この期間1%下落率が大きくなるという、非常に面白い結果になっています。
金利と下落率は比例関係にあったわけです。

このことから、予想通りキャリートレードのポジション解消が下落の要因であったといえそうです。

第二の特徴として、切片が?0.1071もあったことです。これは、金利の要因以外で、米ドルに対して各通貨は-10%以上も下落したことを意味します。
この部分は、信用不安による、米ドル回帰によるものであると言えそうです。

円の場合は、同期間で米ドルに対してさらに7%くらい上昇しているので、際立って強かったと言えます。有事の円なのでしょうか?

結局、この期間でJPYやUSDをショートにしたスワップ運用を高レバレッジでした場合には、ドル回帰による下落をもろに受けてしまうために、Long側でどんなに分散しても、致命的な傷を負ってしまいます。

ところが、CHFやSGDなどのJPYやUSD以外の通貨のショートで、上手くポートフォリオを組んでいれば、金利要因による下落の影響のみで、それほど大きな損失は発生しません。

最適化などを使い、各通貨の組入れウエイトを精密にコントロールした運用は、このような異常な相場状況では、なおさら大切であることが言えそうですね。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


最近のマーケットの分析

この数ヶ月間、マーケットでは何が起こっていたのでしょうか。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

金融市場は、数十年に1度くらいの大きな激変にさらされています。このようなときに大切なのは、いい加減な評論家の解説を聞くよりも、まず、何が起こっているのか、わかる範囲で事実の分析をしてみることです。

状況をつかむために、全体的な為替市場の動きを見てみましょう。

為替市場では、ここ数ヶ月間、対円ですべての通貨が下落しています。円キャリートレード(要するにスワップ狙いの運用) のポジション解消による円高と解説されていますが、本当にそうなのか、簡単なマーケット分析をします。

分析対象は、
AUD BRL CAD CHF EUR GBP HUF INR ISK JPY KRW MXN NOK NZD RUB SGD TRY USD ZAR
の19通貨です。

今回の分析はすべて対USDで行います。
なんといってもUSDは基軸通貨です。USDを基準としたほうが、マーケットの動きが良くわかると思います。

対USD、10月17日までの各通貨の変化率です。
20081019-1
(図をクリックで拡大)

7月末?、9月末?、先週末(10月12日) ?で計算しています。
7月末?(薄黄色)を見てください。対米ドルで、円以外すべて大きな下落をしています。普通、円高といえば対ドルで言います。

ところが、この期間、米ドルは円を除けば最強の通貨でした。特に、高金利通貨は軒並み20%以上の強烈な下落幅です。

同期間で円は対米ドルで7%近く上昇していますので、円をショートにしたポジションでは、何をやっても、もろに被害を被ってしまっています。

9月末?をみると、TRY、ZAR、MXN、AUD、NOK、CADの下落が目立ちます。高金利で不安定な通貨、または、資源国通貨の下落が続いていることが分ります。通貨からみても、資源バブルは解消ですね。

一方、EURやCHF、GPBなどはかなり安定的になっています。注目は、RUB(ロシアルーブル) が比較的安定していることです。

同期間、ロシア株は強烈に下げていますが、通貨の方は安定状態になっています。資源国といってもロシアだけは例外のようです。

先週1週間の動きをみると、この傾向はより顕著になっています。ZAR、TRY、HUFの下げが目立ちます。ISKは破綻しましたので、めちゃくちゃな動きですね。

AUD、BRLの強い上昇は下落の反動でしょう。このまま、反転上昇というわけには行かないと思います。

次に、ボラティリティを見てみましょう。リターン分析と同期間での日次の標準偏差です。
20081019-2
(図をクリックで拡大)

下落幅とボラティリティは、ほぼ比例していますね。ボラティリティの大きな銘柄は、下落率も多くなっています。

下落率の大きな通貨は、直近になるほどボラティリティは大きくなっていますが、メジャーな通貨は安定しています。2極化している状態です。RUBの安定性には注目ですね。

また、AUDがTRYやZARより大きなリスクであったのは、ちょっと驚きです。相当なポジションの解消売りが出たのでしょう。

破綻したISK、破綻懸念のKRWはやはり強烈なボラティリティですね。先週のHFU、TRY、ZARのボラティリティの上昇も注目すべきでしょう。これらの通貨はこれから何が出てくるのか分りません。

ここまでの分析では、やはり、高金利通貨の下落率は大きいのでキャリートレードのポジション解消も大きな要素と思われます。

また、円以外のすべての通貨に対してドルは上昇していますので、信用不安によるドル回帰という理由もかなり大きそうです。

ただし、ここ1週間の動きから、メジャー通貨に対しての調整は、ほぼ終わりかけているような動きをしています。


今日は、簡単にマーケットの状況を見てみました。次回のマーケット分析では、金利との関係をしらべます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。