スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャープレシオ その5

まだシャープレシオだ、いい加減にしろ。と言われそうですが続けます。

ここまでで、ようやくシャープレシオの数値の意味が分かるための準備が整いました。
さて、SR=1とはどのような意味でしょう。この場合、標準偏差10%なので、期待リターンは10%となります。

つまり、T=100時点までにスワップ金利が10円もらえるわけですね。T=100でレートが90円以下になったら損失がでることになります。そのような確率は15%ですね。

なんで???

先ほどの推定から90円?110円の間に入る確率は70%でした。つまり、この範囲を外れる確率は30%です。さらに、分布は左右対称でしたので、上に外れる可能性も下に外れる可能性も等しくなります。

よって、下に外れる可能性、つまり90円以下になる確率は30%÷2=15%になります。
同様に、
SR=2ならば損失が発生する可能性は2.5%、SR=3ならばなんと0.15%!

これって、すごいことだと思いませんか。SR=3ではなくで、シャープレシオを使うと投資をする前に、損失が発生する確率が分かることです。

さらに、SRが1違うと、ものすごく大きな違いがあることもわかります。
SR=1とSR=2では損失確率に6倍もの違いがあります。

ここで、思いませんか?

少しでもシャープレシオを大きくする方法はないのだろうか?

次回から、この課題を追求してみましょう。
いよいよ、ポートフォリオ理論が登場でしょうか???


<重要な追記>
上記記事で損失確率を具体的な数値として書いてありますが、実際の金融時系列では、ファットテールと言われる問題があり、SRが2や3の場合の損失確率は、もっと大きくなります。この点は、大変重要ことですので、ご注意ください。また、運用開始後に標準偏差が急激に上昇することもあります。そのようなときは、運用開始前の推定値では、リスクを過小評価することになってしまい、危険です。本記事を参考にしてトレードした結果については、著作者は責任を負うことは出来ませんので、その点、ご了承ください。




訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




スワップ派のためのFXポートフォリオ 2007年12月20日
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャープレシオ その5

まだシャープレシオだ、いい加減にしろ。と言われそうですが続けます。

ここまでで、ようやくシャープレシオの数値の意味が分かるための準備が整いました。
さて、SR=1とはどのような意味でしょう。この場合、標準偏差10%なので、期待リターンは10%となります。

つまり、T=100時点までにスワップ金利が10円もらえるわけですね。T=100でレートが90円以下になったら損失がでることになります。そのような確率は15%ですね。

なんで???

先ほどの推定から90円?110円の間に入る確率は70%でした。つまり、この範囲を外れる確率は30%です。さらに、分布は左右対称でしたので、上に外れる可能性も下に外れる可能性も等しくなります。

よって、下に外れる可能性、つまり90円以下になる確率は30%÷2=15%になります。
同様に、
SR=2ならば損失が発生する可能性は2.5%、SR=3ならばなんと0.15%!

これって、すごいことだと思いませんか。SR=3ではなくで、シャープレシオを使うと投資をする前に、損失が発生する確率が分かることです。

さらに、SRが1違うと、ものすごく大きな違いがあることもわかります。
SR=1とSR=2では損失確率に6倍もの違いがあります。

ここで、思いませんか?

少しでもシャープレシオを大きくする方法はないのだろうか?

次回から、この課題を追求してみましょう。
いよいよ、ポートフォリオ理論が登場でしょうか???


<重要な追記>
上記記事で損失確率を具体的な数値として書いてありますが、実際の金融時系列では、ファットテールと言われる問題があり、SRが2や3の場合の損失確率は、もっと大きくなります。この点は、大変重要ことですので、ご注意ください。また、運用開始後に標準偏差が急激に上昇することもあります。そのようなときは、運用開始前の推定値では、リスクを過小評価することになってしまい、危険です。本記事を参考にしてトレードした結果については、著作者は責任を負うことは出来ませんので、その点、ご了承ください。




訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。