スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リスク管理 ヒストリカル法

今回の記事は、ドル円が100円割れる前に書いていたのですが、別の記事を書いたあと、ほって置いてアップしていませんでした。

人気のリスク分析ツールはここから

さて、ファットテールの対策をどうするか。
やっかいなことに、特効薬的な手法はありません。

分散投資をしても、なかなかこの性質を消去するのは難しいのです。というのは、共通リスクと固有リスク のところで書いた、共通リスクがファットテールを持っていることが多いからです。

共通リスク自体の分析については、将来、ファクター分析のはなしをするときに書くかもしれません。

では、対策としてどうするか。
一番簡単なのは、つまり結局のところ、レバレッジは余裕をもって。
です。

投資をするときは、
3σは比較的頻繁に、
4σも起こりうる。
位の考え方でレバレッジをコントロールしたほうが良いでしょう。

そのように考えれば、よく言われるレバレッジ3倍以内というのは妥当性があります。
ボラを10%とすれば3σで30%、レバレッジ3倍以内ならば何とかなりそう。

で、これだけではなしを終わらせてしまったら、「スワップ派のためのFXポートフォリオ」をせっかく読んでいただいている人に失礼なので、プロでも使っているリスク分析の手法を紹介します。

まずは、ヒストリカル法というものですが、原理は簡単です。過去の実際のレートの変化率の分布を将来の予想分布とするものです。

前回まで用いていたGBPUSDでやってみましょう。
図1
20080320-1

図2
20080320-2

図1は、前回まで掲載した図と同じものです。ただし、縦軸は頻度ではなく確率(割合)としています。

図2は、図1の棒グラフを左側から足し合わせていったものです。分布関数といいます。

たとえば、
X軸が-0.58%のときY軸は11.94%
X軸が0..00%のときY軸は50.13%
となっています。

この意味は、
-0.58%以下となる確率は11.94%
-0.00%以下となる確率は50.13%
と読みます。

このヒストリカルデータから作った分布関数をつかってリスク管理を行うわけです。
図3
20080320-3

図3は、図2の-1.16%(‐2σ)以下の部分を拡大したものです。
この図から、たとえば-1.86%以下になる確率は0.49%と推定するわけです。

単一通貨ペアの場合は、実際のレートの変化率から簡単にヒストリカル法のリスク管理はできます。
では、ポートフォリオの場合はどうするのでしょうか。

続きます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング





スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




スワップ派のためのFXポートフォリオ 2008年03月20日
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リスク管理 ヒストリカル法

今回の記事は、ドル円が100円割れる前に書いていたのですが、別の記事を書いたあと、ほって置いてアップしていませんでした。

人気のリスク分析ツールはここから

さて、ファットテールの対策をどうするか。
やっかいなことに、特効薬的な手法はありません。

分散投資をしても、なかなかこの性質を消去するのは難しいのです。というのは、共通リスクと固有リスク のところで書いた、共通リスクがファットテールを持っていることが多いからです。

共通リスク自体の分析については、将来、ファクター分析のはなしをするときに書くかもしれません。

では、対策としてどうするか。
一番簡単なのは、つまり結局のところ、レバレッジは余裕をもって。
です。

投資をするときは、
3σは比較的頻繁に、
4σも起こりうる。
位の考え方でレバレッジをコントロールしたほうが良いでしょう。

そのように考えれば、よく言われるレバレッジ3倍以内というのは妥当性があります。
ボラを10%とすれば3σで30%、レバレッジ3倍以内ならば何とかなりそう。

で、これだけではなしを終わらせてしまったら、「スワップ派のためのFXポートフォリオ」をせっかく読んでいただいている人に失礼なので、プロでも使っているリスク分析の手法を紹介します。

まずは、ヒストリカル法というものですが、原理は簡単です。過去の実際のレートの変化率の分布を将来の予想分布とするものです。

前回まで用いていたGBPUSDでやってみましょう。
図1
20080320-1

図2
20080320-2

図1は、前回まで掲載した図と同じものです。ただし、縦軸は頻度ではなく確率(割合)としています。

図2は、図1の棒グラフを左側から足し合わせていったものです。分布関数といいます。

たとえば、
X軸が-0.58%のときY軸は11.94%
X軸が0..00%のときY軸は50.13%
となっています。

この意味は、
-0.58%以下となる確率は11.94%
-0.00%以下となる確率は50.13%
と読みます。

このヒストリカルデータから作った分布関数をつかってリスク管理を行うわけです。
図3
20080320-3

図3は、図2の-1.16%(‐2σ)以下の部分を拡大したものです。
この図から、たとえば-1.86%以下になる確率は0.49%と推定するわけです。

単一通貨ペアの場合は、実際のレートの変化率から簡単にヒストリカル法のリスク管理はできます。
では、ポートフォリオの場合はどうするのでしょうか。

続きます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング





スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。