スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料FXリスク分析ツール7月版アップ

FXリスク分析ツール簡易版の7月版をアップしました。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

現在お使いのツールは、7月初には利用できなくなりますので、7月版を取得してください。

取得方法、パスワード等は変更ありません。
取得方法が分らない方は、再度メールでご連絡ください。

なお、完全版のリリース後も簡易版は無料公開していく予定です。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXツール完全版 機能紹介2

新ツールでは、スワップレートの設定にも便利な機能があります。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

最近は、ツール作成の追い込みに入っていますので、本業以外の時間はほとんどツール作成に費やしています。そのため、ブログ本編はちょっと更新間隔が長くなるかもしれません。

さて、
スワップレートは、FXポートフォリオを作成するうえリスクと並んで最重要なパラメータです。

新ツールでは、FXポートフォリオのリスク推定ついては、各種の統計テクニックを利用した高精度のリスクモデルを提供しますので、特に利用者が設定等をする必要はありませ。

一方、スワップレートについては、業者が異なるとレートが異なるため一律の値とすることができません。

そこで、新ツールではもっとも通貨ペアが充実しているSaxo系のスワップレートから計算した値をシステム値として提供し、ユーザーも設定を自由にすることができます。

提供するスワップレートは短期的なブレを平滑化等で修正をしていますので、長期投資のスワップレートとしては、原数値よりも使いやすい値となっています。

ユーザーが独自のスワップレートを設定することも簡単にできます。設定方法は、年率リターンやスワップポイント(円ベース、通貨ベース)などに対応しているために、各業者の発表している値を簡単に設定することが可能です。

また、ユーザー設定スワップレートは、ファイルから読み込むことも可能です。スワップレート取得用のプログラムを作成すれば、簡単に各業者のレートをセットすることもできるようになります。

さらに、新ツールの利用者には、リリース後に代表的な業者のスワップレート取得ツールを提供する予定です。(ツールリリース後、順次提供します。)

設定したスワップレートは金利およびポイント(円ベース、通貨ベース)での表示は自由に切り替えることができます。

スワップレート設定画面
スワップポイントでの設定
20080621-1
スワップ金利での設定
20080621-2
(図をクリックで拡大)

新ツールのリリースは7月中旬以降となります。
(新ツールは有料となります。)

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXツール完全版 機能紹介1

開発中の新ツールでは、リスク分析は数多くある機能の一つに過ぎません。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

ツールの目的はもっと広く
FXポートフォリオ構築と運用のサポート
です。

スワップ派である私たちのFXポートフォリオ運用は、一度ポジションを組めば、しばらくの間、そのポートフォリオで運用を行います。

といっても、ほったらかしというわけではなく、少なくとも週に一度位はチェックをして問題があれば、ポートフォリオの組み換え(リバランスといいます)をする必要があります。

ポートフォリオのリバランスは複雑な作業で、これを効率的に行う機能が今回開発するツールには装備されています。

ポートフォリオのリバランスを行う際には、3つのポートフォリオ(リスト)を管理する必要があります。

保有ポートフォリオ
 現在保有しているポートフォリオ
目標ポートフォリオ 
 リバランス後に保有する予定のポートフォリオ
売買リスト  
 保有ポートフォリオを目標ポートフォリオにするために必要な売買リスト

20080615-2

目標ポートフォリオは、最適化や手作業での銘柄入替えを行い作成します。
その際、リスク分析やバックテストをしながら保有ポートフォリオと比較検討し微調整をします。
そして、最終的にできあがった目標ポートフォリオを構築するための売買リストを作成します。

これらの作業をエクセル等でやるのは、結構大変です。そこで、今回のツールでは、目標、保有、売買のそれぞれのポートフォリオ(リスト)を管理するための3つのシートが実装されています。

目標ポートフォリオを編集しながら、保有ポートフォリオと簡単に比較検討ができますし、売買リストも自動的に作成されます。

非常に効率的なリバランス作業が可能となります。
20080615-1
(図をクリックで拡大)

新ツールのリリースは7月中旬以降となります。
(新ツールは有料となります。)

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


VaRの簡単なはなし その2

VaRとは、損失が発生する確率を先に決めて、その確率で発生する損失金額を表示するものでした。

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

具体的には、
この投資は、1%の確率で10万円以上損する可能性がある。
というような考え方でリスク管理をしたいわけです。

正規分布を仮定した標準偏差によるリスク管理との関連では、次の表を使うとリスクをVaRに換算することができます。

VaR

85%VaR

90%VaR

95%VaR

99%VaR

確率

15%

10%

5%

1%

リスク倍率

1.036

1.282

1.645

2.326

(正規分布の場合)

5%の確率で損失する金額を知りたいとき
(このようなときのVaRを一般には「95%VaR」といいます。)

投資金額×リスク(=標準偏差)×リスク倍率
で計算できます。

たとえば、1000万円のポジションでリスクが7%のとき
95%VaR=1000万円×7%(=0.07)×1.645=115万円
となります。つまり、5%の確率で115万円以上損失が発生するということです。

ところで、表のリスク倍率とは何でしょうか。
たとえば5%の列では、1.645となっていますが、これは1.645σという意味になります。
また、
リスク(=標準偏差)は1σの値でしたので、その値に表のリスク倍率をかけてやれば、その確率で発生する金額に換算できます。

ここで、式を分解して考えて見ましょう。
リスク(=標準偏差)×リスク倍率
に注目してみます。今回の例では、7%×1.645=11.5%
です。この11.5%は、5%の確率で起こりうる損失側の資産の変化率になります。

よって、
95%VaR=投資金額×(5%の確率で起こりうる損失側の資産の変化率)
と言えます。
ここのところは、ちょっとややこしいのですが、VaRの本質の部分ですのでよく理解してください。

もう少し一般化すると
X%VaR 
 =投資金額×(100‐X)%の確率で起こりうる損失側の資産の変化率

となります。

これはより一般的なVaRの定義です。
この定義からは、正規分布や標準偏差という言葉がなくなっています。つまり、正規分布以外の分布を持つ場合においてもVaRは計算できることになります。

たとえば、分布の合成で調べたように、裾の厚い分布の場合でも分布の形状さえ決めれば、VaRは計算できます。

分布は正規分布以外のなんらかの分布関数を用いてもよいですし、ヒストリカルリターンの分布を用いてもかまいません。

次回は具体的にVaRを計算してみましょう。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXツール開発経過

FXポートフォリオツール完全版の途中開発経過です。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

完全版の予告をしておきながら、なかなかリリースができなくて、気になっている方もいると思いますが、7月中旬以降の公開を目指して開発のペースを上げています。

簡易版と比較して、開発の手間が10倍以上にもなりますので、予定より時間がかかってしまっています。

ようやく、サーバー側のデータ作成システムやリスクモデルの開発が一段落しそうです。

リスク分析画面のイメージはこんな感じです。
(開発中の画面なので、数値はテスト値が入っています。)
20080608?1
(クリックで拡大)

完全版に搭載予定の機能の一覧はリスク分析ツール簡易版のレポートに載っていますので参照してください。

今後、ブログでも少しずつ詳細な機能を公開してゆきます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


VaRの簡単なはなし その1

VaR(バリューアットリスク)と言う単語は聞いたことがある人も多いと思います。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

リスク管理と言っても、標準偏差での計測とVaRでの計測にはどんな関連があるのか、
ネットで調べてもいまひとつよくわからりません。

結論から書いておきます。
VaRとは、
1. このブログで前回まで説明したリスク金額と同様な考え方
2. リターン分布形については、特に前提を置かない

リスク管理手法です。

このブログでは
リスク金額=投資金額×リスク
(ここでリスクは標準偏差)
としました。

そして、リスク金額以上の損失が発生する確率は約15%程度であることがわかりました。(スワップによる収益は除きます。)

ここで、別の見方をして見ましょう。
15%の確率に対応する損失金額が「リスク金額(=投資金額×リスク」」であるならば、

例えば、
10%の確率に対応する損失金額はいくらなのでしょうか?
5%や1%の場合の損失金額はいくらなのでしょうか?
と考えてみるのです。

そして、そのような考え方から求めた金額をVaRと言います。
当然、確率が小さい方が損失金額はおおきくなります。

たとえば、正規分布を仮定すれば5%の点は1.64σですので、リスク金額の1.64倍となります。前回の例で言えば、

16万5千円以上の損失の発生する確率は5%

ということになります。同様に1%では23万3千円となります。
(片側5%点は1.64σ、片側1%点は2.33σ)

VaRなどというと、難しい金融工学のはなしに聞こえますが、意味合いは簡単です。

次回は、正規分布以外の場合について考えて見ます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


追記
リスク分析ツールでメールされた方から取得方法の返信がないと、時々、問い合わせがあります。
その場合は、再度、メールをください。ほとんどの場合、私のほうからは既に返信しているのですが、メーラーの調子が悪いのか、届かないことがあるようです。
また、迷惑メール等に分類されてしまうこともあり得ますので、メールが来ない場合は一応チェックしてみてください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


リスクの金額表示 その2

投資家にとって「リスク」とは、どのようなものだったでしょうか。

人気のFXリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

このブログでは、何度か書いていますが、リスクとは、
投資した結果が「あらかじめわからない」ことです。

そして、リスクの大きさを表すには、標準偏差を使うと便利なことも書いてきました。
(ここのところが分りにくいかたは、ブログのメニューから「まとめ」を読んでみてください。)

では、リターンの標準偏差(=リスク)が10%とはどのような意味だったでしょうか。
これは、分布のはなし その3で書いてある通り、リターンの正規分布を仮定すると(ほぼ成り立ちます)実現するリターンは、±10%以内に約7割の確率で入るということです。

たとえば、
USDJPYのレートが100円、1年当たりの標準偏差が10%とすれば、1年後のレートは90円?110円の間に約7割程度の確率で入ると予想できることになります。
ここまでは復習です。

さて、
USDJPYを100万円(=1万ドル)投資します。このとき、1年後には投資額はいくらになっているでしょうか。

先ほどの例と同様に考えれば
100万円±10万円、つまり、90万円?110万円の間に7割の確率で入ると予測できます。

ところで、±10万円はどうやって計算しましたか。
100万円×10%=10万円ですね。

つまり、前回のリスクの金額表示を計算する式
投資金額×リスク
となっています。

この値は、投資金額自体がどのくらいの大きさで変動するかを表していることが分ると思います。
たとえば5%の標準偏差を持つ通貨ペアでは200万円の投資で、
200万円×5%=10万円
となります。
つまり、USDJPYを100万円投資したときと同じ金額のリスクの投資をしたことになります。

さて、
リスク10万円の投資をした
とは、私たちのような個人投資家のリスク管理にとっては、どのような意味を持つのでしょうか。

7割の確率で資産の変動が10万円以内に収まる、
ということは、

逆に考えると3割の確率で10万円以上の変動がある
ことになります。

この3割の中には利益側も損失側も同じ確率なので、10万円以上損失の出る確率は約15%である、ことになります。

結局、
リスク金額がX万円の投資をすると、
  X万円以上の損失が発生する確率は約15%となる

との解釈が成り立ちます。

これは、個人投資家にとっての投資のリスク尺度としては、とても使いやすいもではないでしょうか。

期間投資家の場合は、投資金額は外的に決まってしまうことが多いため、リスクも%単位で管理するのが適切です。運用評価も%単位でなされます。

一方、個人投資家の場合は自分の資産のなかから、投資する金額も自由に決めることができます。そして、投資の評価自体も「いくら利益を得えたか、損失を被ったか」で判断します。

そのような立場であれば、リスク管理も当然、金額で行うべきでしょう。

リスクの低いEURCHFでも大きなポジションを建てれば危険ですし、リスクの高いTRYJPYでも、小さなポジションでは大きな問題はありません。

投資をするときには、自分はどのくらいの金額の損失に耐えられるだろうか?という観点からリスク管理をすることは、わたしたちのような個人投資家には非常に重要です。

生き残る投資家の第一の法則は
「負けたときに致命傷を負わない」ことです。

リスクの金額表示はこの法則に直接役立つ数値です。
FXリスク分析ツール では、ポートフォリオのリスク金額表示が簡単に計算できますので、チェックしてみてください。

20080603-1
(FXリスク分析ツールから)

次回はVaR(バリュー・アット・リスク)について書く予定です。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




スワップ派のためのFXポートフォリオ 2008年06月
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料FXリスク分析ツール7月版アップ

FXリスク分析ツール簡易版の7月版をアップしました。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

現在お使いのツールは、7月初には利用できなくなりますので、7月版を取得してください。

取得方法、パスワード等は変更ありません。
取得方法が分らない方は、再度メールでご連絡ください。

なお、完全版のリリース後も簡易版は無料公開していく予定です。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXツール完全版 機能紹介2

新ツールでは、スワップレートの設定にも便利な機能があります。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

最近は、ツール作成の追い込みに入っていますので、本業以外の時間はほとんどツール作成に費やしています。そのため、ブログ本編はちょっと更新間隔が長くなるかもしれません。

さて、
スワップレートは、FXポートフォリオを作成するうえリスクと並んで最重要なパラメータです。

新ツールでは、FXポートフォリオのリスク推定ついては、各種の統計テクニックを利用した高精度のリスクモデルを提供しますので、特に利用者が設定等をする必要はありませ。

一方、スワップレートについては、業者が異なるとレートが異なるため一律の値とすることができません。

そこで、新ツールではもっとも通貨ペアが充実しているSaxo系のスワップレートから計算した値をシステム値として提供し、ユーザーも設定を自由にすることができます。

提供するスワップレートは短期的なブレを平滑化等で修正をしていますので、長期投資のスワップレートとしては、原数値よりも使いやすい値となっています。

ユーザーが独自のスワップレートを設定することも簡単にできます。設定方法は、年率リターンやスワップポイント(円ベース、通貨ベース)などに対応しているために、各業者の発表している値を簡単に設定することが可能です。

また、ユーザー設定スワップレートは、ファイルから読み込むことも可能です。スワップレート取得用のプログラムを作成すれば、簡単に各業者のレートをセットすることもできるようになります。

さらに、新ツールの利用者には、リリース後に代表的な業者のスワップレート取得ツールを提供する予定です。(ツールリリース後、順次提供します。)

設定したスワップレートは金利およびポイント(円ベース、通貨ベース)での表示は自由に切り替えることができます。

スワップレート設定画面
スワップポイントでの設定
20080621-1
スワップ金利での設定
20080621-2
(図をクリックで拡大)

新ツールのリリースは7月中旬以降となります。
(新ツールは有料となります。)

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXツール完全版 機能紹介1

開発中の新ツールでは、リスク分析は数多くある機能の一つに過ぎません。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

ツールの目的はもっと広く
FXポートフォリオ構築と運用のサポート
です。

スワップ派である私たちのFXポートフォリオ運用は、一度ポジションを組めば、しばらくの間、そのポートフォリオで運用を行います。

といっても、ほったらかしというわけではなく、少なくとも週に一度位はチェックをして問題があれば、ポートフォリオの組み換え(リバランスといいます)をする必要があります。

ポートフォリオのリバランスは複雑な作業で、これを効率的に行う機能が今回開発するツールには装備されています。

ポートフォリオのリバランスを行う際には、3つのポートフォリオ(リスト)を管理する必要があります。

保有ポートフォリオ
 現在保有しているポートフォリオ
目標ポートフォリオ 
 リバランス後に保有する予定のポートフォリオ
売買リスト  
 保有ポートフォリオを目標ポートフォリオにするために必要な売買リスト

20080615-2

目標ポートフォリオは、最適化や手作業での銘柄入替えを行い作成します。
その際、リスク分析やバックテストをしながら保有ポートフォリオと比較検討し微調整をします。
そして、最終的にできあがった目標ポートフォリオを構築するための売買リストを作成します。

これらの作業をエクセル等でやるのは、結構大変です。そこで、今回のツールでは、目標、保有、売買のそれぞれのポートフォリオ(リスト)を管理するための3つのシートが実装されています。

目標ポートフォリオを編集しながら、保有ポートフォリオと簡単に比較検討ができますし、売買リストも自動的に作成されます。

非常に効率的なリバランス作業が可能となります。
20080615-1
(図をクリックで拡大)

新ツールのリリースは7月中旬以降となります。
(新ツールは有料となります。)

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


VaRの簡単なはなし その2

VaRとは、損失が発生する確率を先に決めて、その確率で発生する損失金額を表示するものでした。

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

具体的には、
この投資は、1%の確率で10万円以上損する可能性がある。
というような考え方でリスク管理をしたいわけです。

正規分布を仮定した標準偏差によるリスク管理との関連では、次の表を使うとリスクをVaRに換算することができます。

VaR

85%VaR

90%VaR

95%VaR

99%VaR

確率

15%

10%

5%

1%

リスク倍率

1.036

1.282

1.645

2.326

(正規分布の場合)

5%の確率で損失する金額を知りたいとき
(このようなときのVaRを一般には「95%VaR」といいます。)

投資金額×リスク(=標準偏差)×リスク倍率
で計算できます。

たとえば、1000万円のポジションでリスクが7%のとき
95%VaR=1000万円×7%(=0.07)×1.645=115万円
となります。つまり、5%の確率で115万円以上損失が発生するということです。

ところで、表のリスク倍率とは何でしょうか。
たとえば5%の列では、1.645となっていますが、これは1.645σという意味になります。
また、
リスク(=標準偏差)は1σの値でしたので、その値に表のリスク倍率をかけてやれば、その確率で発生する金額に換算できます。

ここで、式を分解して考えて見ましょう。
リスク(=標準偏差)×リスク倍率
に注目してみます。今回の例では、7%×1.645=11.5%
です。この11.5%は、5%の確率で起こりうる損失側の資産の変化率になります。

よって、
95%VaR=投資金額×(5%の確率で起こりうる損失側の資産の変化率)
と言えます。
ここのところは、ちょっとややこしいのですが、VaRの本質の部分ですのでよく理解してください。

もう少し一般化すると
X%VaR 
 =投資金額×(100‐X)%の確率で起こりうる損失側の資産の変化率

となります。

これはより一般的なVaRの定義です。
この定義からは、正規分布や標準偏差という言葉がなくなっています。つまり、正規分布以外の分布を持つ場合においてもVaRは計算できることになります。

たとえば、分布の合成で調べたように、裾の厚い分布の場合でも分布の形状さえ決めれば、VaRは計算できます。

分布は正規分布以外のなんらかの分布関数を用いてもよいですし、ヒストリカルリターンの分布を用いてもかまいません。

次回は具体的にVaRを計算してみましょう。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXツール開発経過

FXポートフォリオツール完全版の途中開発経過です。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

完全版の予告をしておきながら、なかなかリリースができなくて、気になっている方もいると思いますが、7月中旬以降の公開を目指して開発のペースを上げています。

簡易版と比較して、開発の手間が10倍以上にもなりますので、予定より時間がかかってしまっています。

ようやく、サーバー側のデータ作成システムやリスクモデルの開発が一段落しそうです。

リスク分析画面のイメージはこんな感じです。
(開発中の画面なので、数値はテスト値が入っています。)
20080608?1
(クリックで拡大)

完全版に搭載予定の機能の一覧はリスク分析ツール簡易版のレポートに載っていますので参照してください。

今後、ブログでも少しずつ詳細な機能を公開してゆきます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


VaRの簡単なはなし その1

VaR(バリューアットリスク)と言う単語は聞いたことがある人も多いと思います。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

リスク管理と言っても、標準偏差での計測とVaRでの計測にはどんな関連があるのか、
ネットで調べてもいまひとつよくわからりません。

結論から書いておきます。
VaRとは、
1. このブログで前回まで説明したリスク金額と同様な考え方
2. リターン分布形については、特に前提を置かない

リスク管理手法です。

このブログでは
リスク金額=投資金額×リスク
(ここでリスクは標準偏差)
としました。

そして、リスク金額以上の損失が発生する確率は約15%程度であることがわかりました。(スワップによる収益は除きます。)

ここで、別の見方をして見ましょう。
15%の確率に対応する損失金額が「リスク金額(=投資金額×リスク」」であるならば、

例えば、
10%の確率に対応する損失金額はいくらなのでしょうか?
5%や1%の場合の損失金額はいくらなのでしょうか?
と考えてみるのです。

そして、そのような考え方から求めた金額をVaRと言います。
当然、確率が小さい方が損失金額はおおきくなります。

たとえば、正規分布を仮定すれば5%の点は1.64σですので、リスク金額の1.64倍となります。前回の例で言えば、

16万5千円以上の損失の発生する確率は5%

ということになります。同様に1%では23万3千円となります。
(片側5%点は1.64σ、片側1%点は2.33σ)

VaRなどというと、難しい金融工学のはなしに聞こえますが、意味合いは簡単です。

次回は、正規分布以外の場合について考えて見ます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


追記
リスク分析ツールでメールされた方から取得方法の返信がないと、時々、問い合わせがあります。
その場合は、再度、メールをください。ほとんどの場合、私のほうからは既に返信しているのですが、メーラーの調子が悪いのか、届かないことがあるようです。
また、迷惑メール等に分類されてしまうこともあり得ますので、メールが来ない場合は一応チェックしてみてください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


リスクの金額表示 その2

投資家にとって「リスク」とは、どのようなものだったでしょうか。

人気のFXリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

このブログでは、何度か書いていますが、リスクとは、
投資した結果が「あらかじめわからない」ことです。

そして、リスクの大きさを表すには、標準偏差を使うと便利なことも書いてきました。
(ここのところが分りにくいかたは、ブログのメニューから「まとめ」を読んでみてください。)

では、リターンの標準偏差(=リスク)が10%とはどのような意味だったでしょうか。
これは、分布のはなし その3で書いてある通り、リターンの正規分布を仮定すると(ほぼ成り立ちます)実現するリターンは、±10%以内に約7割の確率で入るということです。

たとえば、
USDJPYのレートが100円、1年当たりの標準偏差が10%とすれば、1年後のレートは90円?110円の間に約7割程度の確率で入ると予想できることになります。
ここまでは復習です。

さて、
USDJPYを100万円(=1万ドル)投資します。このとき、1年後には投資額はいくらになっているでしょうか。

先ほどの例と同様に考えれば
100万円±10万円、つまり、90万円?110万円の間に7割の確率で入ると予測できます。

ところで、±10万円はどうやって計算しましたか。
100万円×10%=10万円ですね。

つまり、前回のリスクの金額表示を計算する式
投資金額×リスク
となっています。

この値は、投資金額自体がどのくらいの大きさで変動するかを表していることが分ると思います。
たとえば5%の標準偏差を持つ通貨ペアでは200万円の投資で、
200万円×5%=10万円
となります。
つまり、USDJPYを100万円投資したときと同じ金額のリスクの投資をしたことになります。

さて、
リスク10万円の投資をした
とは、私たちのような個人投資家のリスク管理にとっては、どのような意味を持つのでしょうか。

7割の確率で資産の変動が10万円以内に収まる、
ということは、

逆に考えると3割の確率で10万円以上の変動がある
ことになります。

この3割の中には利益側も損失側も同じ確率なので、10万円以上損失の出る確率は約15%である、ことになります。

結局、
リスク金額がX万円の投資をすると、
  X万円以上の損失が発生する確率は約15%となる

との解釈が成り立ちます。

これは、個人投資家にとっての投資のリスク尺度としては、とても使いやすいもではないでしょうか。

期間投資家の場合は、投資金額は外的に決まってしまうことが多いため、リスクも%単位で管理するのが適切です。運用評価も%単位でなされます。

一方、個人投資家の場合は自分の資産のなかから、投資する金額も自由に決めることができます。そして、投資の評価自体も「いくら利益を得えたか、損失を被ったか」で判断します。

そのような立場であれば、リスク管理も当然、金額で行うべきでしょう。

リスクの低いEURCHFでも大きなポジションを建てれば危険ですし、リスクの高いTRYJPYでも、小さなポジションでは大きな問題はありません。

投資をするときには、自分はどのくらいの金額の損失に耐えられるだろうか?という観点からリスク管理をすることは、わたしたちのような個人投資家には非常に重要です。

生き残る投資家の第一の法則は
「負けたときに致命傷を負わない」ことです。

リスクの金額表示はこの法則に直接役立つ数値です。
FXリスク分析ツール では、ポートフォリオのリスク金額表示が簡単に計算できますので、チェックしてみてください。

20080603-1
(FXリスク分析ツールから)

次回はVaR(バリュー・アット・リスク)について書く予定です。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。