スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


システムトレードと同じ立ち位置

今日の夕方、FXポートスタジオのサイトの管理人をやっている猫レオ氏と電話で話しをしました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

猫レオ氏と話していて、トレードほど過酷な仕事はないといつも感じます。

大きく負けたに日は、命を削られるような気持ちになり、なんとか勝てた日も、ただ、ほっとするわずかな瞬間を味わえるだけだ。
そう、彼は言っています。

猫レオ氏は、システムトレーダーで、ルールに厳密に従ってトレードしているだけなのですが、それでも、トレード中は感情の起伏が激しくなり、場の引けた後はくたくたになっているようです。

彼の作った日経225のルールは、9年間のシミュレーションでプロフィットファクター2.2以上、年間平均7000円以上の利益をだしています。

Out of Sampleの期間でもIn Sampleと同等の有効性が持続してる、非常に優秀なルールですが、トレード中は、不安でしょうがないといいます。

本当にこのルールはまだ有効なのだろうか。シミュレーションは単に過剰最適化になっているだけなのではないのか?

そして、ルールを破りたくなる誘惑と戦いながらトレードをしています。

その苦しみから逃れられる唯一の方法は、ひたすらバックテスト(検証)とトレードルールのアイデアを考え抜くことだそうです。

たぶん、そうなのでしょう。

この言葉をどこかで聴いたことがあると思ったのですが、プロのスポーツ選手がスランプを抜け出すためには、ひたすら練習をするしかない、と言っているのと同じなのですね。

猫レオ氏のブログには、そんな話が、面白く書いてあります。


ところで、私たちスワップ派とデイトレーダー投資スタイルとしては、まったく反対側に位置します。でも、究極的には、まったく同じ立ち位置に居るのではないかと思います。

自分でどれだけ考え抜いたか。どれだけ調べたか。それが、最後の勝敗を分けるのでしょう。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXリスク分析ツール簡易版11月版アップ

FXリスク分析ツール簡易版の11月版をアップしました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

現在お使いのツールは、10月末で使用できなくなりますので、11月版を取得してください。


既存ユーザーの方へ
http://portstudio.jp/DownLoad2.html
から取得をお願いいたします。

パスワード等、利用方法等の変更はありません。

はじめて、FXリスク分析ツール簡易版をご利用されるかたは、
FXリスク分析ツールVer2
からお願いいたします。


為替市場は、すごい状態ですね。
お茶を買いに行って、帰ってくるとユーロ円が2円も動いていたのには、びっくりしました。
このなると、ファンダメンタルも何もなく、テクニカル指標しか頼りになるものはない状況です。

スワップ派にとっては、しばらくは静観の時期のように思えます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


ポートフォリオ最適化のはなし その3

前回は、シャープレシオの復習で終わってしまいました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

最適化のはなし その2の続きです。

ここまでで、シャープレシオが大きな投資ほど良い投資対象であることがわかりました。

通貨ペアを単独で投資するのであれば、各通貨ペアのシャープレシオを計算して、最も大きなシャープレシオの通貨ペアに投資すればよいので、話は簡単です。

ややこしくなるのは、通貨ペアを組み合わせてポートフォリオとして運用した場合です。ポートフォリオのシャープレシオは簡単には求まらないからです。

例えば、

シャープレシオが0.3と0.5の2つ通貨ペアを同じ金額投資したポートフォリオのシャープレシオは、単純平均の0.4にはならないからです。

ポートフォリオのシャープレシオを求める計算方法は、このブログで紹介していますので、詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

では、実際に2つの通貨ペアのシャープレシオを計算して見ましょう。
無料で提供しているFXリスク分析ツールを使うと簡単でビジュアルに2ペアのシャープレシオを計算することができます。

ツールの取得はここからできます。
  ↓  ↓
FXリスク分析ツール


たとえば、EUR/SGDとTRY/AUD(AUD/TRYのショート)の2つの通貨ペアのポートフォリオをFXリスク分析ツールで計算して見ましょう。

20081022-1
(図をクリックで拡大)

図の右上にそれぞれの通貨ペアのシャープレシオが計算されています。
EUR/SGDは0.47、TRY/AUDは0.51です。

この二つの通貨ペアを組み合わせたらシャープレシオはどうなるでしょうか。
左図にリスク・リターンのグラフを見てください。

TRYAUDとEURSGDの点が曲線で結ばれています。

この2つの通貨ペアを組み合わせたポートフォリオは、この曲線上に位置します。また、曲線上のどの位置になるかは、組入れウエイトによって決定されます。

曲線上に黄色い点がありますね。
この点はTRYAUDとEURSGDをそれぞれ30%、70%の比率で組み合わせた場合です。

また、組入れウエイトを変化させると、黄色い点がこの曲線上を動くことが分ります。
実際にツールを手に入れて、実験してみてください。(ツールのデータは毎日更新されますので、上図とは多少数値が異なります。)

ウエイトを変化させて、右上の図の2Pairと書いてある行のシャープレシオを見てください。この数値がポートフォリオのシャープレシオです。

いろいろとやってみると、シャープレシオが最大になるウエイトが存在します。

実は、これがポートフォリオの最適化です。つまり、2つの通貨ペアの場合で、シャープレシオが最大となるポートフォリオを求めたのです。

最適化とは、このようにとっても簡単ことをやっているのです。

ポートフォリオに組入れる通貨ペアを最初に決めておき、いろいろなウエイトでポートフォリオのシャープレシオを計算して、最もシャープレシオが大きくなるような各通貨のウエイトを見つける。

これを、ポートフォリオの最適化といいます。

簡単に計算できますね・・・2つの通貨ペアでは。

では、3ペアでは、4ペアでは・・・・
実は、ペア数が多くなると、むちゃくちゃ大変になります。

続きます。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


スワップ金利と下落率の奇妙な関係

昨日に引続き、マーケット分析です。


無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

猫レオさんのブログにも寄ってみてください。今回は、お菓子づくりとポートフォリオとてんぷらです。


今日はちょっと踏み込んだ分析をして見ましょう。金利と最近の下落率との関係です。

下図を見てください。
20081019-3
(図をクリックで拡大)

縦軸を7月末から先週末までの対USD変化率、横軸は短期金利として、各通貨をプロットしました。
通貨のコードは書いていませんが、大体お分かりだと思います。
(米ドル、日本円はプロットしていません。)

第一の大きな特徴は、金利が高いほど下落率が大きいことです。
かなりきれいな関係が成り立っています。

回帰分析をしてみたところ(結果はグラフの右上の式)、
下落率=?1.024×短期金利?0.1071
となりました。

短期金利が1%高くなると、この期間1%下落率が大きくなるという、非常に面白い結果になっています。
金利と下落率は比例関係にあったわけです。

このことから、予想通りキャリートレードのポジション解消が下落の要因であったといえそうです。

第二の特徴として、切片が?0.1071もあったことです。これは、金利の要因以外で、米ドルに対して各通貨は-10%以上も下落したことを意味します。
この部分は、信用不安による、米ドル回帰によるものであると言えそうです。

円の場合は、同期間で米ドルに対してさらに7%くらい上昇しているので、際立って強かったと言えます。有事の円なのでしょうか?

結局、この期間でJPYやUSDをショートにしたスワップ運用を高レバレッジでした場合には、ドル回帰による下落をもろに受けてしまうために、Long側でどんなに分散しても、致命的な傷を負ってしまいます。

ところが、CHFやSGDなどのJPYやUSD以外の通貨のショートで、上手くポートフォリオを組んでいれば、金利要因による下落の影響のみで、それほど大きな損失は発生しません。

最適化などを使い、各通貨の組入れウエイトを精密にコントロールした運用は、このような異常な相場状況では、なおさら大切であることが言えそうですね。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


最近のマーケットの分析

この数ヶ月間、マーケットでは何が起こっていたのでしょうか。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

金融市場は、数十年に1度くらいの大きな激変にさらされています。このようなときに大切なのは、いい加減な評論家の解説を聞くよりも、まず、何が起こっているのか、わかる範囲で事実の分析をしてみることです。

状況をつかむために、全体的な為替市場の動きを見てみましょう。

為替市場では、ここ数ヶ月間、対円ですべての通貨が下落しています。円キャリートレード(要するにスワップ狙いの運用) のポジション解消による円高と解説されていますが、本当にそうなのか、簡単なマーケット分析をします。

分析対象は、
AUD BRL CAD CHF EUR GBP HUF INR ISK JPY KRW MXN NOK NZD RUB SGD TRY USD ZAR
の19通貨です。

今回の分析はすべて対USDで行います。
なんといってもUSDは基軸通貨です。USDを基準としたほうが、マーケットの動きが良くわかると思います。

対USD、10月17日までの各通貨の変化率です。
20081019-1
(図をクリックで拡大)

7月末?、9月末?、先週末(10月12日) ?で計算しています。
7月末?(薄黄色)を見てください。対米ドルで、円以外すべて大きな下落をしています。普通、円高といえば対ドルで言います。

ところが、この期間、米ドルは円を除けば最強の通貨でした。特に、高金利通貨は軒並み20%以上の強烈な下落幅です。

同期間で円は対米ドルで7%近く上昇していますので、円をショートにしたポジションでは、何をやっても、もろに被害を被ってしまっています。

9月末?をみると、TRY、ZAR、MXN、AUD、NOK、CADの下落が目立ちます。高金利で不安定な通貨、または、資源国通貨の下落が続いていることが分ります。通貨からみても、資源バブルは解消ですね。

一方、EURやCHF、GPBなどはかなり安定的になっています。注目は、RUB(ロシアルーブル) が比較的安定していることです。

同期間、ロシア株は強烈に下げていますが、通貨の方は安定状態になっています。資源国といってもロシアだけは例外のようです。

先週1週間の動きをみると、この傾向はより顕著になっています。ZAR、TRY、HUFの下げが目立ちます。ISKは破綻しましたので、めちゃくちゃな動きですね。

AUD、BRLの強い上昇は下落の反動でしょう。このまま、反転上昇というわけには行かないと思います。

次に、ボラティリティを見てみましょう。リターン分析と同期間での日次の標準偏差です。
20081019-2
(図をクリックで拡大)

下落幅とボラティリティは、ほぼ比例していますね。ボラティリティの大きな銘柄は、下落率も多くなっています。

下落率の大きな通貨は、直近になるほどボラティリティは大きくなっていますが、メジャーな通貨は安定しています。2極化している状態です。RUBの安定性には注目ですね。

また、AUDがTRYやZARより大きなリスクであったのは、ちょっと驚きです。相当なポジションの解消売りが出たのでしょう。

破綻したISK、破綻懸念のKRWはやはり強烈なボラティリティですね。先週のHFU、TRY、ZARのボラティリティの上昇も注目すべきでしょう。これらの通貨はこれから何が出てくるのか分りません。

ここまでの分析では、やはり、高金利通貨の下落率は大きいのでキャリートレードのポジション解消も大きな要素と思われます。

また、円以外のすべての通貨に対してドルは上昇していますので、信用不安によるドル回帰という理由もかなり大きそうです。

ただし、ここ1週間の動きから、メジャー通貨に対しての調整は、ほぼ終わりかけているような動きをしています。


今日は、簡単にマーケットの状況を見てみました。次回のマーケット分析では、金利との関係をしらべます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


ポートフォリオ最適化のはなし その2

前回、最適化とはシャープレシオを最大にするポートフォリオを作成すること、と書きました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

このブログを通読してくれた人は、なぜ、シャープレシオを最大化する必要があるのか、よくお分かりだと思います。

でも、最近来た人に、全部読んでもらうのはちょっと大変ですので、まずシャープレシオの復習をしましょう。

ちなみに、
FXポートスタジオの管理人の猫レオさんが、このブログの入門編を分りやすくまとめてくれています。数週間以内には、公開できますのでご期待ください。

さて、シャープレシオの定義ですが、
シャープレシオ=リターン/リスク
でした。

シャープレシオを使うと何が良いのでしょうか?

それは、
シャープレシオが大きいほど良い投資対象である
と言うことができるからです。

たとえば、AとBの投資対象があり、異なるリターンとリスクを持っています。

投資対象

 リターン

  リスク  

A

8%

10%

B

5%

5%


このとき、AとBのどちらに投資をすればよいでしょうか。

まず、リターンだけで考えてみましょう。
Aの方がリターンが高いから、Aに投資したほうが良さそう。

次に、リスクだけで考えてみましょう
Bの方がリスクが低いから、Bに投資した方が良さそう。

リターンで考えればAが良い、リスクで考えればBが良い。
となってしまい、ちゃんと決めることができません。

どうすれば、AとBの優劣を決めることができるのでしょうか。

ここで、もし、
AとBのリスクが同じ値だとしたら、当然リターンの大きいほうが良い投資対象になります。
仮に、Bのリスクが10%でリターンが5%ならば、当然、Aの方が良い投資対象だといえますね。

つまり、投資対象の優劣を比較するには、同じリスクに揃えてしまえばよいわけです。

資産Aはリスク10%でリターンが8%でした。
つまり、リスク1%当たり、リターンは0.8%ですね。

資産Bはリスク5%でリターンが5%でした。
つまり、リスク1%当たり、リターンは1%ですね。

よって、資産Bのほうが良い投資対象と言えます。

???

と思った人のために、もう少し丁寧にいいます。


レバレッジ1倍でBに100万円投資をしたとします。

リターンは5%なので、100万円×5%=5万円のリターンになります。
リスクも5%なので同様に、100万円×5%=5万円のリスクになります。
(5万円のリスクとは、5万円くらい損する可能性があると考えてください。)


つぎに、レバレッジ2倍として同じくBに投資にしてみましょう。

リターンは、200万円×5%=10万円のリターンになります。
よって、証拠金100万円に対しては、10%のリターンです。
リスクも、200万円×5%=10万円のリスクになります。
同様に、証拠金100万円に対しては、10%のリスクです。


レバレッジを2倍にすると、リターンも2倍になりますが、リスクも2倍になります。

レバレッジを変えるとリターンとリスクは比例して変化します。

この性質を上手く使うと、

異なるリスクを持つ投資対象でも、
同じリスクに揃えてリターンを比較することが可能となります。


シャープレシオとはこのような考え方に基づいて作られたものです。

たとえば、

Aのレバレッジを0.1倍にすれば、リスクは1%、リターンは0.8%になります。
Bのレバレッジを0.2倍にすれば、リスクは1%、リターンは1%になります。

このように、リスク1%に揃えてからリターンの比較をしてやれば、どちらの投資対象が良いか、簡単に分ります。この場合はBですね。

リスク1%あたりのリターンは、リターンをリスクで割ってやれば間単に計算できます。
それをシャープレシオといいます。



Aのシャープレシオ= 8%/10%=0.8
Bのシャープレシオ= 5%/5%=1.0

というわけです。

今回は、シャープレシオの復習で終わってしまいました。
次回は、2銘柄の例で最適化の基本を考えてみます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


ポートフォリオ最適化のはなし その1

ここ2週間ほど、会社から帰ってくるとぐったりです。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

毎朝、ロイターをあけて一通り海外の相場状況をみるのですが、それだけで、どっと疲れが出るような状態です。

仕事でやっているのも、ニュートラル系以外は、どんどん資産が減少して行くばかりです。こうなると、どうにもならないですね。

プロの場合、運用制約というのがあって勝手にポジションを閉じることはできないため、できるだけ被害を少なくするようなリスク調整をする以外に方法はありません。

仕事もさることながら、
FXの方でも、こんな相場になってしまうと、スワップ派が痛手を被ってしまうのは仕方がないと思います。
ただ、きっちりとリスクと資金のコントロールをしている方は、充分に再起可能な状態でいると思います。

トルコリラや豪ドルなどに一辺倒の高レバレッジでは、ほとんど討ち死にでしょう。

スワップ派は長期戦です。今回の相場は、かなりひどい状況ですが、退場にさえならなければ時間が味方をして復活は可能です。


さて、
いよいよポートフォリオ最適化のはなしをしようと思います。

テクニカル系のトレードをやったことがある人は、指標のパラメータの最適化というものをやったことがあるかもしれません。
これは、過去のパフォーマンスが最も良くなるようなパラメータを求めることですね。

では、ポートフォリオの最適化とは?
やはり、過去のパフォーマンスが最も良くなるように、ポートフォリオを作り上げることでしょうか。

ちょっと違います。
このブログを一通り読んでいいただいた方にはお分かりだと思いますが、
基本的には、ポートフォリオの最適化とは、シャープレシオが最も大きくなるようなポートフォリオを作ることです。


次回から、シャープレシオの復習も兼ねて、最適化について、できるだけわかりやすく書いて行きたいと思います。

最終的に、エクセルのソルバーを使った実験的な最適化までやってみましょう。
(ただし、エクセルのソルバーレベルでは、実用的なポートフォリオを作るには無理なようです。)


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


システムトレーダーのブログ紹介

今日はブログの紹介です。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

FXポートスタジオの販売を手伝ってもらっている、猫レオさんのブログを紹介します。
FXスワップ派などなど投資徒然
です。

猫レオさんは、本業は住居系のデザイナーですが、市場が開いているときは日経225のシステムトレーダー、夜間や休日は本業をしています。

現在は、日経225のトレードで収益を確実に上げているようですが、安定してくるまでには、1年以上の試行錯誤を繰り返したようです。

それでも、「何度も血を吐きそうになった、こんな大変な仕事はない」とよく愚痴をこぼしています。

そんな猫レオさんがブログを始めると言っていたので、一寸よってみました。

これが、結構面白いのです。
先物システムトレードとFXスワップ運用とは、投資手法としてはまったく対極に位置するようなものですが、投資という共通のベースがあるので、とても参考になります。

猫レオさんがよく言っている投資で成功する秘訣とは
・ほんの少しでも確率的に優位な手法を探すこと
・それを信じられるまで、徹底的に調べること

です。

スワップ派でも納得ですね。

よろしかったら、
FXスワップ派などなど投資徒然
まで寄ってみてください。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


Blood in the streets

マーケットは大変な状況になっています。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

こんなになってしまうと、さすがにリスクを押さえたポートフォリオでも損失は免れない状況です。
1ヶ月まえほどの記事最適ポートフォリオの効果 その2で紹介したポートフォリオは、どうなっているのでしょうか。

7月31日にポジションを作ってほったらかしている状態とすれば、
こんなときに、損失のはなしばかりするのも嫌なのですが、現在評価損が-50万円くらい。
300万円の証拠金が250万円になってしまっています。

リターンベースならば、-16%なので回復は可能ですが、かなりきびしい状況に近づいています。
資金の30%以上やられると、回復は相当にきびしくなりますので、この辺で一旦、ポジションを減らしておく対策も必要かもしれませんん。

ところで、同じ時期に豪ドルだけで運用した場合の比較もしていましが、その場合はどうなっていたでしょうか。

7月31日にレバレッジ4倍で豪ドルを投資したとしたら、
もう、終わっています。
証拠金は尽きて、すでに強制ロスカットになっています。

つまり、
リスク管理無しの豪ドルオンリーでは、300万円 →  0円
リスク管理したポートフォリオでは    300万円 → 250万円

損失同士で比較するのも嫌なのですが、ポートフォリオならば、とりあえず、まだ、次の機会を狙えます。

投資で大切なのは、絶対に退場にならないことです。

リスク管理と資金管理をしっかりしておけば、現在のような最悪の状況でも、復活可能な状態で生きながらえることができます。

ところで、
今日は、エクセルでヒストグラムを作る方法を紹介する予定でしが、こんな状況では誰も読まないと思いますので、有名な話を書いてみます。

1815年ワーテルロー、フランスのナポレオン率いる10万のフランス軍とウェリントン公のイギリス軍7万が対峙していた。この勝敗が、今後のヨーロッパの覇権を決める。

ロンドン市場。投資家はワーテルローの戦況を見守っていた。もし、フランスが勝てばイギリスの国債は大暴落が必須。

当時は、現在のような通信手段はなく、多くの投資家は他の投資家の動向を気にしていた。
ロスチャイルド銀行の頭取ネイサン・ロスチャイルドはイギリスの勝利に大金を賭けていることは、多くの投資家の知るところだった。

ロスチャイルドが売れば、自分も売ろう。
ロスチャイルドが買えば、自分も買おう。

そのロスチャイルドが、突然、市場で投売りをはじめた。
市場はパニックになった。誰も彼もが、手持ちの証券をわれ先へと売り始めた。

そのとき、暴落した資産をひそかに買い進んでいるものがいた。
ネイサン・ロスチャイルドである。

数時間後、イギリス軍勝利の情報が市場にもたらされた。
市場は暴騰した、そして、ほんの数時間前まで他の投資家が所有していた資産は、ほとんどロスチャイルドのものとなっていた。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


無料版リスク分析ツールの修正について

10月版の無料版FXリスク分析ツール簡易版の修正のお知らせです。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

いつも、FXリスク分析ツール簡易版のご利用ありがとうございます。

10月版に設定の誤りがあったために、利用できない状態でした。
修正版をアップしましたので、10月版を取得された方は、再度、取得をお願いいたします。

取得方法に変更はありません。
ご迷惑をおかけしました。

FXリスク分析ツール簡易版はコストフリーです。
今後ともコストフリーですのでよろしくお願いいたします。

また、近々に新連載を開始しようと考えています。

いままでの内容が難しいという声が多いために、もっとやさしい初級者編を検討しています。

また、スワップ投資に役立つマーケット分析なども企画中です。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




スワップ派のためのFXポートフォリオ 2008年10月
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


システムトレードと同じ立ち位置

今日の夕方、FXポートスタジオのサイトの管理人をやっている猫レオ氏と電話で話しをしました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

猫レオ氏と話していて、トレードほど過酷な仕事はないといつも感じます。

大きく負けたに日は、命を削られるような気持ちになり、なんとか勝てた日も、ただ、ほっとするわずかな瞬間を味わえるだけだ。
そう、彼は言っています。

猫レオ氏は、システムトレーダーで、ルールに厳密に従ってトレードしているだけなのですが、それでも、トレード中は感情の起伏が激しくなり、場の引けた後はくたくたになっているようです。

彼の作った日経225のルールは、9年間のシミュレーションでプロフィットファクター2.2以上、年間平均7000円以上の利益をだしています。

Out of Sampleの期間でもIn Sampleと同等の有効性が持続してる、非常に優秀なルールですが、トレード中は、不安でしょうがないといいます。

本当にこのルールはまだ有効なのだろうか。シミュレーションは単に過剰最適化になっているだけなのではないのか?

そして、ルールを破りたくなる誘惑と戦いながらトレードをしています。

その苦しみから逃れられる唯一の方法は、ひたすらバックテスト(検証)とトレードルールのアイデアを考え抜くことだそうです。

たぶん、そうなのでしょう。

この言葉をどこかで聴いたことがあると思ったのですが、プロのスポーツ選手がスランプを抜け出すためには、ひたすら練習をするしかない、と言っているのと同じなのですね。

猫レオ氏のブログには、そんな話が、面白く書いてあります。


ところで、私たちスワップ派とデイトレーダー投資スタイルとしては、まったく反対側に位置します。でも、究極的には、まったく同じ立ち位置に居るのではないかと思います。

自分でどれだけ考え抜いたか。どれだけ調べたか。それが、最後の勝敗を分けるのでしょう。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


FXリスク分析ツール簡易版11月版アップ

FXリスク分析ツール簡易版の11月版をアップしました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

現在お使いのツールは、10月末で使用できなくなりますので、11月版を取得してください。


既存ユーザーの方へ
http://portstudio.jp/DownLoad2.html
から取得をお願いいたします。

パスワード等、利用方法等の変更はありません。

はじめて、FXリスク分析ツール簡易版をご利用されるかたは、
FXリスク分析ツールVer2
からお願いいたします。


為替市場は、すごい状態ですね。
お茶を買いに行って、帰ってくるとユーロ円が2円も動いていたのには、びっくりしました。
このなると、ファンダメンタルも何もなく、テクニカル指標しか頼りになるものはない状況です。

スワップ派にとっては、しばらくは静観の時期のように思えます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


ポートフォリオ最適化のはなし その3

前回は、シャープレシオの復習で終わってしまいました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

最適化のはなし その2の続きです。

ここまでで、シャープレシオが大きな投資ほど良い投資対象であることがわかりました。

通貨ペアを単独で投資するのであれば、各通貨ペアのシャープレシオを計算して、最も大きなシャープレシオの通貨ペアに投資すればよいので、話は簡単です。

ややこしくなるのは、通貨ペアを組み合わせてポートフォリオとして運用した場合です。ポートフォリオのシャープレシオは簡単には求まらないからです。

例えば、

シャープレシオが0.3と0.5の2つ通貨ペアを同じ金額投資したポートフォリオのシャープレシオは、単純平均の0.4にはならないからです。

ポートフォリオのシャープレシオを求める計算方法は、このブログで紹介していますので、詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。

では、実際に2つの通貨ペアのシャープレシオを計算して見ましょう。
無料で提供しているFXリスク分析ツールを使うと簡単でビジュアルに2ペアのシャープレシオを計算することができます。

ツールの取得はここからできます。
  ↓  ↓
FXリスク分析ツール


たとえば、EUR/SGDとTRY/AUD(AUD/TRYのショート)の2つの通貨ペアのポートフォリオをFXリスク分析ツールで計算して見ましょう。

20081022-1
(図をクリックで拡大)

図の右上にそれぞれの通貨ペアのシャープレシオが計算されています。
EUR/SGDは0.47、TRY/AUDは0.51です。

この二つの通貨ペアを組み合わせたらシャープレシオはどうなるでしょうか。
左図にリスク・リターンのグラフを見てください。

TRYAUDとEURSGDの点が曲線で結ばれています。

この2つの通貨ペアを組み合わせたポートフォリオは、この曲線上に位置します。また、曲線上のどの位置になるかは、組入れウエイトによって決定されます。

曲線上に黄色い点がありますね。
この点はTRYAUDとEURSGDをそれぞれ30%、70%の比率で組み合わせた場合です。

また、組入れウエイトを変化させると、黄色い点がこの曲線上を動くことが分ります。
実際にツールを手に入れて、実験してみてください。(ツールのデータは毎日更新されますので、上図とは多少数値が異なります。)

ウエイトを変化させて、右上の図の2Pairと書いてある行のシャープレシオを見てください。この数値がポートフォリオのシャープレシオです。

いろいろとやってみると、シャープレシオが最大になるウエイトが存在します。

実は、これがポートフォリオの最適化です。つまり、2つの通貨ペアの場合で、シャープレシオが最大となるポートフォリオを求めたのです。

最適化とは、このようにとっても簡単ことをやっているのです。

ポートフォリオに組入れる通貨ペアを最初に決めておき、いろいろなウエイトでポートフォリオのシャープレシオを計算して、最もシャープレシオが大きくなるような各通貨のウエイトを見つける。

これを、ポートフォリオの最適化といいます。

簡単に計算できますね・・・2つの通貨ペアでは。

では、3ペアでは、4ペアでは・・・・
実は、ペア数が多くなると、むちゃくちゃ大変になります。

続きます。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


スワップ金利と下落率の奇妙な関係

昨日に引続き、マーケット分析です。


無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

猫レオさんのブログにも寄ってみてください。今回は、お菓子づくりとポートフォリオとてんぷらです。


今日はちょっと踏み込んだ分析をして見ましょう。金利と最近の下落率との関係です。

下図を見てください。
20081019-3
(図をクリックで拡大)

縦軸を7月末から先週末までの対USD変化率、横軸は短期金利として、各通貨をプロットしました。
通貨のコードは書いていませんが、大体お分かりだと思います。
(米ドル、日本円はプロットしていません。)

第一の大きな特徴は、金利が高いほど下落率が大きいことです。
かなりきれいな関係が成り立っています。

回帰分析をしてみたところ(結果はグラフの右上の式)、
下落率=?1.024×短期金利?0.1071
となりました。

短期金利が1%高くなると、この期間1%下落率が大きくなるという、非常に面白い結果になっています。
金利と下落率は比例関係にあったわけです。

このことから、予想通りキャリートレードのポジション解消が下落の要因であったといえそうです。

第二の特徴として、切片が?0.1071もあったことです。これは、金利の要因以外で、米ドルに対して各通貨は-10%以上も下落したことを意味します。
この部分は、信用不安による、米ドル回帰によるものであると言えそうです。

円の場合は、同期間で米ドルに対してさらに7%くらい上昇しているので、際立って強かったと言えます。有事の円なのでしょうか?

結局、この期間でJPYやUSDをショートにしたスワップ運用を高レバレッジでした場合には、ドル回帰による下落をもろに受けてしまうために、Long側でどんなに分散しても、致命的な傷を負ってしまいます。

ところが、CHFやSGDなどのJPYやUSD以外の通貨のショートで、上手くポートフォリオを組んでいれば、金利要因による下落の影響のみで、それほど大きな損失は発生しません。

最適化などを使い、各通貨の組入れウエイトを精密にコントロールした運用は、このような異常な相場状況では、なおさら大切であることが言えそうですね。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


最近のマーケットの分析

この数ヶ月間、マーケットでは何が起こっていたのでしょうか。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

金融市場は、数十年に1度くらいの大きな激変にさらされています。このようなときに大切なのは、いい加減な評論家の解説を聞くよりも、まず、何が起こっているのか、わかる範囲で事実の分析をしてみることです。

状況をつかむために、全体的な為替市場の動きを見てみましょう。

為替市場では、ここ数ヶ月間、対円ですべての通貨が下落しています。円キャリートレード(要するにスワップ狙いの運用) のポジション解消による円高と解説されていますが、本当にそうなのか、簡単なマーケット分析をします。

分析対象は、
AUD BRL CAD CHF EUR GBP HUF INR ISK JPY KRW MXN NOK NZD RUB SGD TRY USD ZAR
の19通貨です。

今回の分析はすべて対USDで行います。
なんといってもUSDは基軸通貨です。USDを基準としたほうが、マーケットの動きが良くわかると思います。

対USD、10月17日までの各通貨の変化率です。
20081019-1
(図をクリックで拡大)

7月末?、9月末?、先週末(10月12日) ?で計算しています。
7月末?(薄黄色)を見てください。対米ドルで、円以外すべて大きな下落をしています。普通、円高といえば対ドルで言います。

ところが、この期間、米ドルは円を除けば最強の通貨でした。特に、高金利通貨は軒並み20%以上の強烈な下落幅です。

同期間で円は対米ドルで7%近く上昇していますので、円をショートにしたポジションでは、何をやっても、もろに被害を被ってしまっています。

9月末?をみると、TRY、ZAR、MXN、AUD、NOK、CADの下落が目立ちます。高金利で不安定な通貨、または、資源国通貨の下落が続いていることが分ります。通貨からみても、資源バブルは解消ですね。

一方、EURやCHF、GPBなどはかなり安定的になっています。注目は、RUB(ロシアルーブル) が比較的安定していることです。

同期間、ロシア株は強烈に下げていますが、通貨の方は安定状態になっています。資源国といってもロシアだけは例外のようです。

先週1週間の動きをみると、この傾向はより顕著になっています。ZAR、TRY、HUFの下げが目立ちます。ISKは破綻しましたので、めちゃくちゃな動きですね。

AUD、BRLの強い上昇は下落の反動でしょう。このまま、反転上昇というわけには行かないと思います。

次に、ボラティリティを見てみましょう。リターン分析と同期間での日次の標準偏差です。
20081019-2
(図をクリックで拡大)

下落幅とボラティリティは、ほぼ比例していますね。ボラティリティの大きな銘柄は、下落率も多くなっています。

下落率の大きな通貨は、直近になるほどボラティリティは大きくなっていますが、メジャーな通貨は安定しています。2極化している状態です。RUBの安定性には注目ですね。

また、AUDがTRYやZARより大きなリスクであったのは、ちょっと驚きです。相当なポジションの解消売りが出たのでしょう。

破綻したISK、破綻懸念のKRWはやはり強烈なボラティリティですね。先週のHFU、TRY、ZARのボラティリティの上昇も注目すべきでしょう。これらの通貨はこれから何が出てくるのか分りません。

ここまでの分析では、やはり、高金利通貨の下落率は大きいのでキャリートレードのポジション解消も大きな要素と思われます。

また、円以外のすべての通貨に対してドルは上昇していますので、信用不安によるドル回帰という理由もかなり大きそうです。

ただし、ここ1週間の動きから、メジャー通貨に対しての調整は、ほぼ終わりかけているような動きをしています。


今日は、簡単にマーケットの状況を見てみました。次回のマーケット分析では、金利との関係をしらべます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


ポートフォリオ最適化のはなし その2

前回、最適化とはシャープレシオを最大にするポートフォリオを作成すること、と書きました。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

このブログを通読してくれた人は、なぜ、シャープレシオを最大化する必要があるのか、よくお分かりだと思います。

でも、最近来た人に、全部読んでもらうのはちょっと大変ですので、まずシャープレシオの復習をしましょう。

ちなみに、
FXポートスタジオの管理人の猫レオさんが、このブログの入門編を分りやすくまとめてくれています。数週間以内には、公開できますのでご期待ください。

さて、シャープレシオの定義ですが、
シャープレシオ=リターン/リスク
でした。

シャープレシオを使うと何が良いのでしょうか?

それは、
シャープレシオが大きいほど良い投資対象である
と言うことができるからです。

たとえば、AとBの投資対象があり、異なるリターンとリスクを持っています。

投資対象

 リターン

  リスク  

A

8%

10%

B

5%

5%


このとき、AとBのどちらに投資をすればよいでしょうか。

まず、リターンだけで考えてみましょう。
Aの方がリターンが高いから、Aに投資したほうが良さそう。

次に、リスクだけで考えてみましょう
Bの方がリスクが低いから、Bに投資した方が良さそう。

リターンで考えればAが良い、リスクで考えればBが良い。
となってしまい、ちゃんと決めることができません。

どうすれば、AとBの優劣を決めることができるのでしょうか。

ここで、もし、
AとBのリスクが同じ値だとしたら、当然リターンの大きいほうが良い投資対象になります。
仮に、Bのリスクが10%でリターンが5%ならば、当然、Aの方が良い投資対象だといえますね。

つまり、投資対象の優劣を比較するには、同じリスクに揃えてしまえばよいわけです。

資産Aはリスク10%でリターンが8%でした。
つまり、リスク1%当たり、リターンは0.8%ですね。

資産Bはリスク5%でリターンが5%でした。
つまり、リスク1%当たり、リターンは1%ですね。

よって、資産Bのほうが良い投資対象と言えます。

???

と思った人のために、もう少し丁寧にいいます。


レバレッジ1倍でBに100万円投資をしたとします。

リターンは5%なので、100万円×5%=5万円のリターンになります。
リスクも5%なので同様に、100万円×5%=5万円のリスクになります。
(5万円のリスクとは、5万円くらい損する可能性があると考えてください。)


つぎに、レバレッジ2倍として同じくBに投資にしてみましょう。

リターンは、200万円×5%=10万円のリターンになります。
よって、証拠金100万円に対しては、10%のリターンです。
リスクも、200万円×5%=10万円のリスクになります。
同様に、証拠金100万円に対しては、10%のリスクです。


レバレッジを2倍にすると、リターンも2倍になりますが、リスクも2倍になります。

レバレッジを変えるとリターンとリスクは比例して変化します。

この性質を上手く使うと、

異なるリスクを持つ投資対象でも、
同じリスクに揃えてリターンを比較することが可能となります。


シャープレシオとはこのような考え方に基づいて作られたものです。

たとえば、

Aのレバレッジを0.1倍にすれば、リスクは1%、リターンは0.8%になります。
Bのレバレッジを0.2倍にすれば、リスクは1%、リターンは1%になります。

このように、リスク1%に揃えてからリターンの比較をしてやれば、どちらの投資対象が良いか、簡単に分ります。この場合はBですね。

リスク1%あたりのリターンは、リターンをリスクで割ってやれば間単に計算できます。
それをシャープレシオといいます。



Aのシャープレシオ= 8%/10%=0.8
Bのシャープレシオ= 5%/5%=1.0

というわけです。

今回は、シャープレシオの復習で終わってしまいました。
次回は、2銘柄の例で最適化の基本を考えてみます。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


ポートフォリオ最適化のはなし その1

ここ2週間ほど、会社から帰ってくるとぐったりです。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

毎朝、ロイターをあけて一通り海外の相場状況をみるのですが、それだけで、どっと疲れが出るような状態です。

仕事でやっているのも、ニュートラル系以外は、どんどん資産が減少して行くばかりです。こうなると、どうにもならないですね。

プロの場合、運用制約というのがあって勝手にポジションを閉じることはできないため、できるだけ被害を少なくするようなリスク調整をする以外に方法はありません。

仕事もさることながら、
FXの方でも、こんな相場になってしまうと、スワップ派が痛手を被ってしまうのは仕方がないと思います。
ただ、きっちりとリスクと資金のコントロールをしている方は、充分に再起可能な状態でいると思います。

トルコリラや豪ドルなどに一辺倒の高レバレッジでは、ほとんど討ち死にでしょう。

スワップ派は長期戦です。今回の相場は、かなりひどい状況ですが、退場にさえならなければ時間が味方をして復活は可能です。


さて、
いよいよポートフォリオ最適化のはなしをしようと思います。

テクニカル系のトレードをやったことがある人は、指標のパラメータの最適化というものをやったことがあるかもしれません。
これは、過去のパフォーマンスが最も良くなるようなパラメータを求めることですね。

では、ポートフォリオの最適化とは?
やはり、過去のパフォーマンスが最も良くなるように、ポートフォリオを作り上げることでしょうか。

ちょっと違います。
このブログを一通り読んでいいただいた方にはお分かりだと思いますが、
基本的には、ポートフォリオの最適化とは、シャープレシオが最も大きくなるようなポートフォリオを作ることです。


次回から、シャープレシオの復習も兼ねて、最適化について、できるだけわかりやすく書いて行きたいと思います。

最終的に、エクセルのソルバーを使った実験的な最適化までやってみましょう。
(ただし、エクセルのソルバーレベルでは、実用的なポートフォリオを作るには無理なようです。)


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


システムトレーダーのブログ紹介

今日はブログの紹介です。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

FXポートスタジオの販売を手伝ってもらっている、猫レオさんのブログを紹介します。
FXスワップ派などなど投資徒然
です。

猫レオさんは、本業は住居系のデザイナーですが、市場が開いているときは日経225のシステムトレーダー、夜間や休日は本業をしています。

現在は、日経225のトレードで収益を確実に上げているようですが、安定してくるまでには、1年以上の試行錯誤を繰り返したようです。

それでも、「何度も血を吐きそうになった、こんな大変な仕事はない」とよく愚痴をこぼしています。

そんな猫レオさんがブログを始めると言っていたので、一寸よってみました。

これが、結構面白いのです。
先物システムトレードとFXスワップ運用とは、投資手法としてはまったく対極に位置するようなものですが、投資という共通のベースがあるので、とても参考になります。

猫レオさんがよく言っている投資で成功する秘訣とは
・ほんの少しでも確率的に優位な手法を探すこと
・それを信じられるまで、徹底的に調べること

です。

スワップ派でも納得ですね。

よろしかったら、
FXスワップ派などなど投資徒然
まで寄ってみてください。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


Blood in the streets

マーケットは大変な状況になっています。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

こんなになってしまうと、さすがにリスクを押さえたポートフォリオでも損失は免れない状況です。
1ヶ月まえほどの記事最適ポートフォリオの効果 その2で紹介したポートフォリオは、どうなっているのでしょうか。

7月31日にポジションを作ってほったらかしている状態とすれば、
こんなときに、損失のはなしばかりするのも嫌なのですが、現在評価損が-50万円くらい。
300万円の証拠金が250万円になってしまっています。

リターンベースならば、-16%なので回復は可能ですが、かなりきびしい状況に近づいています。
資金の30%以上やられると、回復は相当にきびしくなりますので、この辺で一旦、ポジションを減らしておく対策も必要かもしれませんん。

ところで、同じ時期に豪ドルだけで運用した場合の比較もしていましが、その場合はどうなっていたでしょうか。

7月31日にレバレッジ4倍で豪ドルを投資したとしたら、
もう、終わっています。
証拠金は尽きて、すでに強制ロスカットになっています。

つまり、
リスク管理無しの豪ドルオンリーでは、300万円 →  0円
リスク管理したポートフォリオでは    300万円 → 250万円

損失同士で比較するのも嫌なのですが、ポートフォリオならば、とりあえず、まだ、次の機会を狙えます。

投資で大切なのは、絶対に退場にならないことです。

リスク管理と資金管理をしっかりしておけば、現在のような最悪の状況でも、復活可能な状態で生きながらえることができます。

ところで、
今日は、エクセルでヒストグラムを作る方法を紹介する予定でしが、こんな状況では誰も読まないと思いますので、有名な話を書いてみます。

1815年ワーテルロー、フランスのナポレオン率いる10万のフランス軍とウェリントン公のイギリス軍7万が対峙していた。この勝敗が、今後のヨーロッパの覇権を決める。

ロンドン市場。投資家はワーテルローの戦況を見守っていた。もし、フランスが勝てばイギリスの国債は大暴落が必須。

当時は、現在のような通信手段はなく、多くの投資家は他の投資家の動向を気にしていた。
ロスチャイルド銀行の頭取ネイサン・ロスチャイルドはイギリスの勝利に大金を賭けていることは、多くの投資家の知るところだった。

ロスチャイルドが売れば、自分も売ろう。
ロスチャイルドが買えば、自分も買おう。

そのロスチャイルドが、突然、市場で投売りをはじめた。
市場はパニックになった。誰も彼もが、手持ちの証券をわれ先へと売り始めた。

そのとき、暴落した資産をひそかに買い進んでいるものがいた。
ネイサン・ロスチャイルドである。

数時間後、イギリス軍勝利の情報が市場にもたらされた。
市場は暴騰した、そして、ほんの数時間前まで他の投資家が所有していた資産は、ほとんどロスチャイルドのものとなっていた。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


無料版リスク分析ツールの修正について

10月版の無料版FXリスク分析ツール簡易版の修正のお知らせです。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

いつも、FXリスク分析ツール簡易版のご利用ありがとうございます。

10月版に設定の誤りがあったために、利用できない状態でした。
修正版をアップしましたので、10月版を取得された方は、再度、取得をお願いいたします。

取得方法に変更はありません。
ご迷惑をおかけしました。

FXリスク分析ツール簡易版はコストフリーです。
今後ともコストフリーですのでよろしくお願いいたします。

また、近々に新連載を開始しようと考えています。

いままでの内容が難しいという声が多いために、もっとやさしい初級者編を検討しています。

また、スワップ投資に役立つマーケット分析なども企画中です。


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。