スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最適ポートフォリオの効果

FXツール完全版は基本機能はほぼ完成し仕上げの段階に入っています。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

ただ、最終調整に多少時間がかかっているのと、マニュアルがまだ手付かずなので、もうリリースまでにはもう少々時間をいただくことになる予定です。

リリース時期が確定しましたら、ブログでお知らせさせていただきます。

さて、今回の新ツールの最大の機能である最適化についての紹介をします。

新ツールでは、140程度の通貨ペアに対応しています。最適化を使えば、これら140の通貨ペアのなかから、簡単に最適なポートフォリオを作成することができます。

最適ポートフォリオを作成する際の入力項目としては、通貨ペアの組入れ上下限制約や、個別通貨の組入れ比率制約(例えば、通貨ペアに関わらずTRYの組入れは10%以下にするなど)等の条件や、ターゲットスワップ、レバレッジ等、証拠金金額などです。

また、ポートフォリオの再構築(リバランスと言います)における、個別銘柄の売買制約等も設定できます(売買禁止制約など)。

最適ポートフォリオといっても、決まったポートフォリオがあるわけでなく、投資条件の設定によって千差万別になります。

ここで、最適ポートフォリオは、どのような効果があるか紹介して見ましょう。開発中のFXツール完全版の最適化ツールを使って、作成したポートフォリオの直近1年半程度のバックテストをやってみました。

条件としては、証拠金200万円、レバレッジ4倍(ポジションは800万円)、ターゲットスワップ6%(対証拠金では24%)、通貨組入れ比率は±30%以内、HKDなどペッグ通貨は組入れ禁止です。また、現在、国内の業者で取引可能な通過ペアに限定しています。

この条件では、最適ポートフォリオの銘柄数7銘柄となりました。

2006年12月15日に200万円投資しそのまま放置していた場合です。実際の運用ではリバランス等を随時行うと思います。また、売買コスト等は考慮していませんが、ほとんど影響はないでしょう。

20080713-1
(図をクリックで拡大)
青線はスワップなし、赤線はスワップ込み
20080713-2
(図をクリックで拡大)
青棒グラフは日次リターン、赤線グラフは20日移動標準偏差(年率)

上図は投資資産の推移、下図は日次リターンです。
結果は2008年7月11日時点でスワップ込みで283万円となりました。かなり安定的に収益が上がっていることが分ります。実績リスクも安定しています。

この結果をどのように評価するかは、各人の考え方に拠るとおもいますが、NZDJPY等に単独で投資した場合などと比較してみるのも良いかもしれません。

また、このバックテストのスタート時期に設定した高金利通貨を組入れた投資信託などと比較してみるのもいいでしょう。証拠金取引は上手く使えば、とても良い資産運用の手段になることが分ると思います。

個人的には、このポートは結構良いのじゃないかと思います。


なお、この結果は過去データに基づいて計算したものですが、正確性を保障するものではありません。また、将来の結果を示したものでもありませんのでご注意ください。
(完全版は有料となります。)


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

大変良いソフトをありがとうございます。
いつも「FXリスク分析ツール」でおせわになっております。
7月版も使用し色々な組み合わせを検討中です。
「FXツール完全版」の公開、とても楽しみにしております。経済的に許せば是非にも検討したいと思います。
特にリバランスが難しくいつも悩んでいるので、
期待は膨らみます。
頑張ってください。
【2008/07/15 07:19】 URL | #dpHOwQNU[ 編集]

完全版が完成に近づいている様子ですね。大変楽しみにしています。

最初の添付図を見ていつも思うのですが、この系では青線のX軸からの乖離(変動)がリスク、スワップの増加(勾配)がリワードと考えられますから、赤線はスワップのみで表示する方が素直な気がします。如何でしょうか。
【2008/07/15 23:20】 URL | Mighty #-[ 編集]

>将 さん
ブログご訪問ありがとうございます。
リバランスの制約は個別銘柄ペアごとに細かくできるようにしますので、作業効率はかなり上がると思います。
初期バージョンには、時間の関係で搭載できませんが、売買回転率制約も比較的早い段階のバージョンアップで対応する予定ですので、機関投資家レベルでのポートフォリオ運用が可能になると思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

>Mighty さん
ブログご訪問ありがとうございます。
FX投資での最も基本的な要因分解は、
トータルリターン=通貨レート変動リターン+スワップリターン
となります。
私の考え方では、リターンを評価する上で重要な順は、
トータルリターン>通貨変動リターン>スワップリターン
と考えていますので、表記しているような図としています。
トータルリターンは、自分の投資資産全体の推移ですので、最重要な数値です。これは省略できません。
通貨変動リターンは、資産の変動を見る上で重要ですので表示します。
スワップリターンについては、それほど変動しないために、情報量が少なく省略するとしれば、この値であろうと考えています。

以上、今後ともよろしくお願いいたします。
【2008/07/16 20:23】 URL | yamakouFX #-[ 編集]

YamakouFXさん、

むきになって反論するつもりは毛頭ありませんが、私の考え方の根拠は下記ですのでご参考まで。

スワップリターンは最大化を、通貨変動リターンは最小化を目指している。本質的なのはそれらの和(トータルリターン)ではなく、それら(勾配と変動)の比である。それが視覚的に把握できることこそが肝要である。

以上です。
【2008/07/16 22:39】 URL | Mighty #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://quants.blog66.fc2.com/tb.php/113-f1c31b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



スワップ派のためのFXポートフォリオ 最適ポートフォリオの効果
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最適ポートフォリオの効果

FXツール完全版は基本機能はほぼ完成し仕上げの段階に入っています。

人気のリスク分析ツールはここから

初めての方はこちらからどうぞ
   ↓ ↓ ↓ 
ブログのメニューです

ただ、最終調整に多少時間がかかっているのと、マニュアルがまだ手付かずなので、もうリリースまでにはもう少々時間をいただくことになる予定です。

リリース時期が確定しましたら、ブログでお知らせさせていただきます。

さて、今回の新ツールの最大の機能である最適化についての紹介をします。

新ツールでは、140程度の通貨ペアに対応しています。最適化を使えば、これら140の通貨ペアのなかから、簡単に最適なポートフォリオを作成することができます。

最適ポートフォリオを作成する際の入力項目としては、通貨ペアの組入れ上下限制約や、個別通貨の組入れ比率制約(例えば、通貨ペアに関わらずTRYの組入れは10%以下にするなど)等の条件や、ターゲットスワップ、レバレッジ等、証拠金金額などです。

また、ポートフォリオの再構築(リバランスと言います)における、個別銘柄の売買制約等も設定できます(売買禁止制約など)。

最適ポートフォリオといっても、決まったポートフォリオがあるわけでなく、投資条件の設定によって千差万別になります。

ここで、最適ポートフォリオは、どのような効果があるか紹介して見ましょう。開発中のFXツール完全版の最適化ツールを使って、作成したポートフォリオの直近1年半程度のバックテストをやってみました。

条件としては、証拠金200万円、レバレッジ4倍(ポジションは800万円)、ターゲットスワップ6%(対証拠金では24%)、通貨組入れ比率は±30%以内、HKDなどペッグ通貨は組入れ禁止です。また、現在、国内の業者で取引可能な通過ペアに限定しています。

この条件では、最適ポートフォリオの銘柄数7銘柄となりました。

2006年12月15日に200万円投資しそのまま放置していた場合です。実際の運用ではリバランス等を随時行うと思います。また、売買コスト等は考慮していませんが、ほとんど影響はないでしょう。

20080713-1
(図をクリックで拡大)
青線はスワップなし、赤線はスワップ込み
20080713-2
(図をクリックで拡大)
青棒グラフは日次リターン、赤線グラフは20日移動標準偏差(年率)

上図は投資資産の推移、下図は日次リターンです。
結果は2008年7月11日時点でスワップ込みで283万円となりました。かなり安定的に収益が上がっていることが分ります。実績リスクも安定しています。

この結果をどのように評価するかは、各人の考え方に拠るとおもいますが、NZDJPY等に単独で投資した場合などと比較してみるのも良いかもしれません。

また、このバックテストのスタート時期に設定した高金利通貨を組入れた投資信託などと比較してみるのもいいでしょう。証拠金取引は上手く使えば、とても良い資産運用の手段になることが分ると思います。

個人的には、このポートは結構良いのじゃないかと思います。


なお、この結果は過去データに基づいて計算したものですが、正確性を保障するものではありません。また、将来の結果を示したものでもありませんのでご注意ください。
(完全版は有料となります。)


訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

大変良いソフトをありがとうございます。
いつも「FXリスク分析ツール」でおせわになっております。
7月版も使用し色々な組み合わせを検討中です。
「FXツール完全版」の公開、とても楽しみにしております。経済的に許せば是非にも検討したいと思います。
特にリバランスが難しくいつも悩んでいるので、
期待は膨らみます。
頑張ってください。
【2008/07/15 07:19】 URL | #dpHOwQNU[ 編集]

完全版が完成に近づいている様子ですね。大変楽しみにしています。

最初の添付図を見ていつも思うのですが、この系では青線のX軸からの乖離(変動)がリスク、スワップの増加(勾配)がリワードと考えられますから、赤線はスワップのみで表示する方が素直な気がします。如何でしょうか。
【2008/07/15 23:20】 URL | Mighty #-[ 編集]

>将 さん
ブログご訪問ありがとうございます。
リバランスの制約は個別銘柄ペアごとに細かくできるようにしますので、作業効率はかなり上がると思います。
初期バージョンには、時間の関係で搭載できませんが、売買回転率制約も比較的早い段階のバージョンアップで対応する予定ですので、機関投資家レベルでのポートフォリオ運用が可能になると思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

>Mighty さん
ブログご訪問ありがとうございます。
FX投資での最も基本的な要因分解は、
トータルリターン=通貨レート変動リターン+スワップリターン
となります。
私の考え方では、リターンを評価する上で重要な順は、
トータルリターン>通貨変動リターン>スワップリターン
と考えていますので、表記しているような図としています。
トータルリターンは、自分の投資資産全体の推移ですので、最重要な数値です。これは省略できません。
通貨変動リターンは、資産の変動を見る上で重要ですので表示します。
スワップリターンについては、それほど変動しないために、情報量が少なく省略するとしれば、この値であろうと考えています。

以上、今後ともよろしくお願いいたします。
【2008/07/16 20:23】 URL | yamakouFX #-[ 編集]

YamakouFXさん、

むきになって反論するつもりは毛頭ありませんが、私の考え方の根拠は下記ですのでご参考まで。

スワップリターンは最大化を、通貨変動リターンは最小化を目指している。本質的なのはそれらの和(トータルリターン)ではなく、それら(勾配と変動)の比である。それが視覚的に把握できることこそが肝要である。

以上です。
【2008/07/16 22:39】 URL | Mighty #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://quants.blog66.fc2.com/tb.php/113-f1c31b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。