スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

01 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相場の一生

マーケットリスクの捕らえ方の予備知識として、まずは、このはなしから。
今回は、マーケットの長期的な周期について考えて見たいと思います。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

ここで言う周期は、だいたい数年から十数年くらいの単位です。そして、マーケットの下落→上昇→下落を一周期とします。図示をしますと、下のようですね。
図1
20090113-1

一周期は、下落のピークから次の下落のピークまでです。この期間が数年から十数年くらいを対象として考えてます。また、説明のために一周期をAからEまでの5期間に分けています。

(実はこの周期は、もっと短い期間やさらに長い期間でも表れてきますが、ここではスワップ派にとってもっとも重要な期間の長さに焦点を当てています。)

マーケットは、常に図1のような形で推移するわけではありません。しかし、多くの場合で当てはまるようです。

ネットで見ることができる最も長期間のチャートで確認してみましょう。為替のデータではないのですが、典型的な動きをしていますので株式のデータで見てみます。

為替と株式では、価格の決定メカニズムがだいぶ違うので、本来ならば類似例としての説明ができません。

ただし、今回の高金利通貨の暴落については類似点が多いので、同様な説明が可能となります。

なぜ、同様に扱えるのかの解説はこの連載中に行いますが、かなり重要な問題を孕(はら)んでいます。

では、YahooUSのファイナンス情報のNYダウで確認しましょう。1928年から直近までの80年間以上の期間で、縮小拡大が自由にできるとても貴重な情報です。

アドレスは以下のようになります。実際に行ってみてください。
http://finance.yahoo.com/echarts?s=%5EDJI#symbol=%5EDJI;range=my

チャートの使い方は、いじってみればわかると思います。
グラフの見方に少し注意点があります。縦軸が対数となっていますので、チャート上では、わずかな下落は上昇に見える場合でも、実際には大幅な変動となっている場合があります。

さて、
チャートの下のほうにあるバーで表示する期間と時期を自由に変更することができます。表示する期間を十年位にして、いろいろな時期でチャートを見てみてください。

1990年代のように、一本調子で上がり続ける時期も例外的にありますが、多くの場合、十年間のうちに、図1の周期が一つか二つくらい入っているのがわかると思います。
(90年代の上げの後にも大きな下落がありますので、この時期の周期は多少長かったわけです。)

図2は1999年末から直近までのAUDJPYのチャートです。細かいところは異なりますが、概ね図1と同じような形になっていますね。
図2 (FXポートスタジオで作成)
20090113-2
(図をクリックで拡大)


どうして、このような形状になるのでしょうか。次回から、その理由を探ってみましょう。

もし、そのメカニズムが分かり、そこから何らかの相場転換の兆候がつかむことができれば、図1のA期で買ってC期で逃げることも可能かも知れません。

続きます。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

こんにちわ。ブログ拝見させていただいてます。スワップ運用に興味があり、とても勉強になります。

少し疑問に思うところがあります。
yamakouFXさんが提供しているExcelシート「標準偏差の計算方法」の中で、リターンの計算に(当日レート-前日レート)-1という式で求めていますが、この-1というのがよくわからないのです。

「同じに見える」の回で、リターンを求める式として、「変化幅/レート」と書かれています。
私の感触だと、(当日のレート-前日のレート)/前日のレートもしくはレートの平均?になるのかな?という気がします。

すごい基本の質問でしたら申し訳ないです。もしよろしければ、-1という数字がどこからくるのかご教授願えればと思います。よろしく御願いいたします。
【2009/01/14 20:47】 URL | kiteru #-[ 編集]

>kiteruさん
リターンの計算はご指摘のとおりに
(当日のレート-前日のレート)/前日のレート
が正しいです。

(当日レート-前日レート)-1
と書いてあったならば、
(当日レート/前日レート)-1
の誤記です。

確認をして修正をしておきます。

ご迷惑をおかけいたしました。

【2009/01/14 21:07】 URL | yamakouFX #-[ 編集]

申し訳ありません!恥ずかしながら私の勘違いでした・・・
お手数おかけして失礼いたしました。
【2009/01/14 21:21】 URL | kiteru #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://quants.blog66.fc2.com/tb.php/146-e3bc4aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



スワップ派のためのFXポートフォリオ 相場の一生
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

01 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相場の一生

マーケットリスクの捕らえ方の予備知識として、まずは、このはなしから。
今回は、マーケットの長期的な周期について考えて見たいと思います。

無料版!人気のリスク分析ツールはここから

究極のFXポートフォリオ構築ツール
     FXポートスタジオ公式サイトはここをクリック


初めての方はこちらからどうぞ! まとめサイトです。
   ↓ ↓ ↓
 勉強しよう

ここで言う周期は、だいたい数年から十数年くらいの単位です。そして、マーケットの下落→上昇→下落を一周期とします。図示をしますと、下のようですね。
図1
20090113-1

一周期は、下落のピークから次の下落のピークまでです。この期間が数年から十数年くらいを対象として考えてます。また、説明のために一周期をAからEまでの5期間に分けています。

(実はこの周期は、もっと短い期間やさらに長い期間でも表れてきますが、ここではスワップ派にとってもっとも重要な期間の長さに焦点を当てています。)

マーケットは、常に図1のような形で推移するわけではありません。しかし、多くの場合で当てはまるようです。

ネットで見ることができる最も長期間のチャートで確認してみましょう。為替のデータではないのですが、典型的な動きをしていますので株式のデータで見てみます。

為替と株式では、価格の決定メカニズムがだいぶ違うので、本来ならば類似例としての説明ができません。

ただし、今回の高金利通貨の暴落については類似点が多いので、同様な説明が可能となります。

なぜ、同様に扱えるのかの解説はこの連載中に行いますが、かなり重要な問題を孕(はら)んでいます。

では、YahooUSのファイナンス情報のNYダウで確認しましょう。1928年から直近までの80年間以上の期間で、縮小拡大が自由にできるとても貴重な情報です。

アドレスは以下のようになります。実際に行ってみてください。
http://finance.yahoo.com/echarts?s=%5EDJI#symbol=%5EDJI;range=my

チャートの使い方は、いじってみればわかると思います。
グラフの見方に少し注意点があります。縦軸が対数となっていますので、チャート上では、わずかな下落は上昇に見える場合でも、実際には大幅な変動となっている場合があります。

さて、
チャートの下のほうにあるバーで表示する期間と時期を自由に変更することができます。表示する期間を十年位にして、いろいろな時期でチャートを見てみてください。

1990年代のように、一本調子で上がり続ける時期も例外的にありますが、多くの場合、十年間のうちに、図1の周期が一つか二つくらい入っているのがわかると思います。
(90年代の上げの後にも大きな下落がありますので、この時期の周期は多少長かったわけです。)

図2は1999年末から直近までのAUDJPYのチャートです。細かいところは異なりますが、概ね図1と同じような形になっていますね。
図2 (FXポートスタジオで作成)
20090113-2
(図をクリックで拡大)


どうして、このような形状になるのでしょうか。次回から、その理由を探ってみましょう。

もし、そのメカニズムが分かり、そこから何らかの相場転換の兆候がつかむことができれば、図1のA期で買ってC期で逃げることも可能かも知れません。

続きます。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

こんにちわ。ブログ拝見させていただいてます。スワップ運用に興味があり、とても勉強になります。

少し疑問に思うところがあります。
yamakouFXさんが提供しているExcelシート「標準偏差の計算方法」の中で、リターンの計算に(当日レート-前日レート)-1という式で求めていますが、この-1というのがよくわからないのです。

「同じに見える」の回で、リターンを求める式として、「変化幅/レート」と書かれています。
私の感触だと、(当日のレート-前日のレート)/前日のレートもしくはレートの平均?になるのかな?という気がします。

すごい基本の質問でしたら申し訳ないです。もしよろしければ、-1という数字がどこからくるのかご教授願えればと思います。よろしく御願いいたします。
【2009/01/14 20:47】 URL | kiteru #-[ 編集]

>kiteruさん
リターンの計算はご指摘のとおりに
(当日のレート-前日のレート)/前日のレート
が正しいです。

(当日レート-前日レート)-1
と書いてあったならば、
(当日レート/前日レート)-1
の誤記です。

確認をして修正をしておきます。

ご迷惑をおかけいたしました。

【2009/01/14 21:07】 URL | yamakouFX #-[ 編集]

申し訳ありません!恥ずかしながら私の勘違いでした・・・
お手数おかけして失礼いたしました。
【2009/01/14 21:21】 URL | kiteru #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://quants.blog66.fc2.com/tb.php/146-e3bc4aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。