スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相関係数とは 必要ないの? その1

昔、巨人の星というマンガがありましたね。TVアニメとしても放映していましたが、あるパターンがありました。

永遠とも思われる長い前置きの後、ついに星飛雄馬が花形満と大リーグボールかなにかの対決となり、飛雄馬が花形に大リーグボールを投げた瞬間に時間切れ、翌週に続くとなります。

一週間やきもきして、ようやく続きを見られると思ってTVの前で陣取ると、なぜか、沢村栄治物語とか星一徹の現役時代とか、全然関係ない話が唐突に放映されます。なんというすばらしい構成だろう、と拍手喝采を送りたくなりました。

前回の終わりに、次回はいよいよ最適化の話か!

と期待されていた人は、同じような気分を味わうかもしれません。最適化の話はまだ当分先になります。ただし、これからの話を理解しないと最適化のことは分かりません。

本題です。

「相関係数とは」とタイトルに書いてしまったので、その話をしなければなりません。ここで、相関係数とは‐1から1の間の値をとって、0は無相関、±1は完全相関といい・・・

などと説明しても無意味(とまでは言いませんが)です。こんな説明ならWikiを見れば十分でしょう。要するに、分かっている人は分かるし、分からん人は分からんという説明ですね。

(これからしばらく数式が出てきます。めんどくさい人は、読み飛ばしてください。)

で、相関係数を説明する前に、どうしても、分散や標準偏差の話に立ち戻って考える必要があります。ただ、少々、数式が出てきますので、ちょっとだけ我慢してください。Logとか積分とか偏微分とかのへんちょこりんな記号はでてきませんので。

ポートフォリオのリターンは加重平均で求めることができました。

20071227-1

でも、標準偏差はこんなに簡単にはいかないようです。ここで、新しい記号を導入します。σで標準偏差を表します。また、σの2乗は分散となります。この記号を使うと、

20071227-2
は、一般には成り立たない。

と書き表せます。(「一般には成り立たない」、とは常に成り立つわけではないと言う意味です。)

標準偏差は分散の平方根でしたので、一段階ほど分散よりも複雑な式となっています。そこで、しばらく分散で考えて見ましょう。

ポートフォリオの分散も個々のペアの分散の加重平均とは異なる値となります。そこで、ちょっとしたアイデアを導入しましょう。もし、何らかの調整項を導入して、

20071227-3

と表すことができれば、そして、調整項を容易に求めることができれば、ポートフォリオの分散が簡単に計算できることになります。

この調整項の正体はいったい何になるのでしょうか。

ところで、個別通貨ペアの分散の前のウエイトwが突然2乗になっているじゃないか。と気がついた人もいると思います。でも、適当に2乗をつけた訳ではありません。

ランダムさの尺度 その3で分散の計算をするときには、リターンを2乗するとしました。それゆえ、リターンの前にウエイトをつけた場合は、ウエイトも2乗されてしまいます。

ウエイト付きのリターンを仮にvとおけば、

20071227-4

です。

次回に続きます。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

標準偏差とか、去年の統計の授業で出てきてたなぁ~(遠い目)
勉強しておけばよかったかも、と後悔しつつ…。

なんとなくは分かりましたが、記事の内容を完全理解には至らず…。
次回が楽しみです(理解できればなぁ、と)。

応援ドーンL(・o・)」
【2007/12/28 17:36】 URL | 落ちこぼれ大学生L(・o・)」 #-[ 編集]

>落ちこぼれ大学生L(・o・)」さん

とりあえず、理由があって数式を並べていますが、なんとなく雰囲気が分れば十分です。

この先読まれてゆくうちに、相関や分散効果のイメージがで来るような構成にするつもりですので、分かりづらいところはご容赦ください。

相関係数自体の説明は「相関係数」で検索すると、投資関連以外のページですが分かりやすく説明しているサイトが散見されますので、そちらも参考にすると良いと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/12/29 07:33】 URL | yamakouFX #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://quants.blog66.fc2.com/tb.php/36-dad1de3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



スワップ派のためのFXポートフォリオ 相関係数とは 必要ないの? その1
スワップ派のためのFXポートフォリオ
FXでスワップ金利を低リスクで稼ぐための通貨ポートフォリオについてわかりやすく書きます。本業は、某社の現役クオンツです。 保有資格:日本証券アナリスト協会検定会員

アクセスランキング

ご協力お願いいたします。
クリックは管理人の励みです。




プロフィール

yamakouFX

Author:yamakouFX
Who?

yamakouFX 改め 北山広京

本業では新たにグローバルアロケーションモデルの作成を開始。
運用系システムはDBから最適化まですべて自作することをモットーとするクオンツです。

ブログ作成と同時に個人用FXポートフォリオの分析・運用システムの開発に勤しんでいます。
FXの運用とリサーチはもっぱら自己資金のためにやっています。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



紹介された雑誌など

Yenスパ!2011年夏号
P56~57
『FXスワップ理論の新方式』
enspa11.jpg

Yenスパ!2008年春号
P52~53
『最強の2ポジションを探せ』
yenspa3.jpg



スワップ派のためのリンク

スワップ派の為の究極ツール
FXポートスタジオ公式サイトです PortStudio
スワップ派のためのFXポートフォリオ
当ブログのまとめサイトです studybanner-155.gif
FXポートスタジオ公式サイト管理者
猫レオさんの投資ブログです leocat-155.gif



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ユニークアクセス数

現在の訪問者数:

現在の閲覧者数:



PageView



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



リンク等について

リンクは自由ですが、必ずTOPページへお願いします。
相互リンクを募集しております。メール、コメント等でご連絡ください。

本ブログを参考にしてトレードした結果については、本ブログの著者・関係者は責任を負いかねますのでご了承ください。



著者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:



政策金利



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


相関係数とは 必要ないの? その1

昔、巨人の星というマンガがありましたね。TVアニメとしても放映していましたが、あるパターンがありました。

永遠とも思われる長い前置きの後、ついに星飛雄馬が花形満と大リーグボールかなにかの対決となり、飛雄馬が花形に大リーグボールを投げた瞬間に時間切れ、翌週に続くとなります。

一週間やきもきして、ようやく続きを見られると思ってTVの前で陣取ると、なぜか、沢村栄治物語とか星一徹の現役時代とか、全然関係ない話が唐突に放映されます。なんというすばらしい構成だろう、と拍手喝采を送りたくなりました。

前回の終わりに、次回はいよいよ最適化の話か!

と期待されていた人は、同じような気分を味わうかもしれません。最適化の話はまだ当分先になります。ただし、これからの話を理解しないと最適化のことは分かりません。

本題です。

「相関係数とは」とタイトルに書いてしまったので、その話をしなければなりません。ここで、相関係数とは‐1から1の間の値をとって、0は無相関、±1は完全相関といい・・・

などと説明しても無意味(とまでは言いませんが)です。こんな説明ならWikiを見れば十分でしょう。要するに、分かっている人は分かるし、分からん人は分からんという説明ですね。

(これからしばらく数式が出てきます。めんどくさい人は、読み飛ばしてください。)

で、相関係数を説明する前に、どうしても、分散や標準偏差の話に立ち戻って考える必要があります。ただ、少々、数式が出てきますので、ちょっとだけ我慢してください。Logとか積分とか偏微分とかのへんちょこりんな記号はでてきませんので。

ポートフォリオのリターンは加重平均で求めることができました。

20071227-1

でも、標準偏差はこんなに簡単にはいかないようです。ここで、新しい記号を導入します。σで標準偏差を表します。また、σの2乗は分散となります。この記号を使うと、

20071227-2
は、一般には成り立たない。

と書き表せます。(「一般には成り立たない」、とは常に成り立つわけではないと言う意味です。)

標準偏差は分散の平方根でしたので、一段階ほど分散よりも複雑な式となっています。そこで、しばらく分散で考えて見ましょう。

ポートフォリオの分散も個々のペアの分散の加重平均とは異なる値となります。そこで、ちょっとしたアイデアを導入しましょう。もし、何らかの調整項を導入して、

20071227-3

と表すことができれば、そして、調整項を容易に求めることができれば、ポートフォリオの分散が簡単に計算できることになります。

この調整項の正体はいったい何になるのでしょうか。

ところで、個別通貨ペアの分散の前のウエイトwが突然2乗になっているじゃないか。と気がついた人もいると思います。でも、適当に2乗をつけた訳ではありません。

ランダムさの尺度 その3で分散の計算をするときには、リターンを2乗するとしました。それゆえ、リターンの前にウエイトをつけた場合は、ウエイトも2乗されてしまいます。

ウエイト付きのリターンを仮にvとおけば、

20071227-4

です。

次回に続きます。

訪問していただいてありがとうございます。
クリックでブログの応援をお願いいたします。
    ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 FX スワップ・長期投資派
人気ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー


この記事に対するコメント

標準偏差とか、去年の統計の授業で出てきてたなぁ~(遠い目)
勉強しておけばよかったかも、と後悔しつつ…。

なんとなくは分かりましたが、記事の内容を完全理解には至らず…。
次回が楽しみです(理解できればなぁ、と)。

応援ドーンL(・o・)」
【2007/12/28 17:36】 URL | 落ちこぼれ大学生L(・o・)」 #-[ 編集]

>落ちこぼれ大学生L(・o・)」さん

とりあえず、理由があって数式を並べていますが、なんとなく雰囲気が分れば十分です。

この先読まれてゆくうちに、相関や分散効果のイメージがで来るような構成にするつもりですので、分かりづらいところはご容赦ください。

相関係数自体の説明は「相関係数」で検索すると、投資関連以外のページですが分かりやすく説明しているサイトが散見されますので、そちらも参考にすると良いと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/12/29 07:33】 URL | yamakouFX #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://quants.blog66.fc2.com/tb.php/36-dad1de3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。